出発前日

Posted on 7月 18, 2011 in レストラン/カフェ, 香港 HK | 0 comments

住んでいたアパートの住人カードを返すと返却されるお金があった。日曜に行ってオフィスは開いていたけど、手続きはやってくれなくて、今日もう1回行った。10分で無事終了。
そのあとデビッドがワッフル食べたいと言って、UCCコーヒーのレストランへ楽しみに行ったけど、11時から開かなくて、閉まっていた!ワッフルモードにふたりでなっていたので、すごく悔しい!代わりにPokkaカフェに行ったがワッフルはなし。グリルサーモンの乗ったサラダwithトーストにすることに。値段が書いていないので聞くと、コーヒーを頼んだら朝食が付いてくるんだって!だから約HK45ドル(500円)で朝食が食べれてしまってお得感があった。

そのあと、大金をカナダドルに換えるために銀行へ。
両替するために行ったんだけど、「こういう口座を作ると、両替のレートがいいです」と言われ、そのとおりに口座を作った。香港を去る前日に口座なんて作ってちゃんと使える段階まで行くかなーと心配だったが、私の収入はこれからは全部カナダドルに変換して向こうで使う予定なので、やることに。
で、結局、希望の金額のカナダドルがその支店に在庫がなくて、チムの支店に行くことを勧められる。
おい、お~い!
最初にそのお姉さんに聞いたことは、「両替したいけど、○○○○カナダドルがありますか?」
それの答えに行く前に、口座に話になり、そのままそこで口座作ったけど、肝心のカナダドルがないので、他に支店へ行けって、それはないような気がするが。。。
それでチムの支店に行くが、システムのアップデートが遅くて、引き出しは明日までできません、と最初に言われた!
明日もうカナダ。
それではまったく意味がないどころか、その大金がその口座に入ったまま、今引き出せないって、それは最悪の展開!!
そんな忠告は1つも受けなかったと説明し、なんとかマネージャーも出て来て、時間もかかって、なんとか、引き出した。
セーフ!超危なかったよー。

それらの操作もネットバンキングでできる、というので、それも去る前に確認しなきゃと、ホテルでネット登録しようとするが、できず!焦った。
明日もうカナダだけど、空港にも支店があることがわかったので、早めに行って、相談に行くことに。
銀行のシステムのアップデートの反映に時間がかかり、できなかっただけのようだった。でもネット上でのトランスファーには申し込みが別途必要でそれも忘れててやっておらず(お姉さんには話したので、そこまでやってくれていてもよいはずだが?)、それも空港の支店でやった。すごく動揺していたが、解決された(と思う)ので、よかった。

このあと、デビッドは郵便局での郵便物転送の確認に行くのを忘れる。大丈夫なのだろうか。
転送手続きをすると、確認の手紙が登録郵便で来るので、それを受け取って手続き完了となるらしい。私もデビッドも留守だったので、取りに行かなくちゃいけなくて、私は行ったけど、デビッドは忘れた。どうなるんでしょうかね?
私はもうてっきりデビッドは行ったと思っていたので、なにも言わなかった。

でもアフタヌーンティーに行くとか、もう1つ刺青を入れるとか、そういうことは忘れずにやってた。

コンラッドでアフタヌーンティー。思ったより肉が多めにアイテムに入っており、ちょっとゲゲッとなった。
フォアグラまで付いていたけど、それも食べないので、いらないのだけど、、、
でもその他はなかなか美味しく、スコーン(ジャムとバター最高)もよかった。
  

Western set と Asian set(だったかな)があります。私たち的にはWestern setの方がオススメ。

そしてタトゥー。今年の夏2つめ。

痛い顔。

刺青師さんは、あのセシリアチョンさんの刺青も入れた人でした。

私も女性の検査結果と診察(結果オーライ!)の後、合流して見学しましたが、う~ん、やっぱり痛そう。私はいいです。

Tattoo Chynese
Flat 1, 1F, James Lee Mansion, Prat Ave.,
T.S.T., Kowloon, Hong Kong
Tel: (852)2368-3621
Tagged with: , ,

香港 – アパート引き払う

Posted on 7月 17, 2011 in 香港 HK | 0 comments

ホンハムの近所女子友達に小型家具や調味料など、かなり無理矢理もらっていただき、かなり片付く。
友達の友達にも来ていただき、かなりさばいたが、泣く泣く捨てるものも、けっこうあった。
全然使えるのに、捨てるものもけっこうあった。あーもったいない!が、1つ1つ考え込んだり、人に売ったり譲ったりする時間もないので仕方がない。

ゴミ置き場に私たちのゴミの山。。。掃除のおばちゃん、申し訳ないね。

まだ掃除が終わらないうちに大家が来る。早っ!時間の5分前に到着ってかなり律儀で日本人みたいだけど、香港人のおばあちゃん。
カナダにも住んだことがあるおばあちゃん。カナダに行くことになったんです、と話していると、彼女もエドモントンにも行ったことがあるとか!
盛り上がる私たち。
大家さんは、家の中もほとんど見渡さないまま、ディポジットの2ヶ月分をチェックで書いてくれた。
前の大家と大違い!なんなんだ、この違いは!良い関係だとこんなにすんなり終わるのか。あの大変だったときのことが思い出され、どんな大家が当たるかはホント運だなーと思った。
私たちも正直に気になる点や傷みが出た点を伝えてた。弁償してください、とも言われずに、大丈夫だった。よかった!

カナダでは入居の際に、第3者からの推薦書というのがあると契約がスムーズに進むらしいので、この大家さんからも推薦書をもらう。と言っても、大家さんが書くんじゃなくて、夫が書いたものに目を通してもらいサインしてもらうだけなんけど〜。

大家さん、家賃高かったけど、なかなかよい部屋でした。大変お世話になりました!

で、まだ掃除が終わっていたなかったので、30分ぐらい待ってもらえるか聞いたら、2時間後にまた来るけど、それまでにはもう出て行ってもいいと言ってくれて、最後の掃除をする。
すると大家が5分後に戻って来たので、なにか問題か?と緊張したが、外に出してあった私たちのゴミの山のことをおばさんから聞いて戻って来たらしい。
これもこれも使えるから、取っておいて。これもこれも。
これ壊れてないんでしょ?じゃ、取っとこう。と、出したゴミをまた部屋の中へ。
次の人に聞いて、いらなかったら、捨てるか、私がもらう。と。
あ~、私と同じ種類の人。ホントにこんなにゴミを出して、人間として罪悪感を感じていたところ。
使ってくれる人がいたら、そんないいことはない。
でも「ホントのゴミ」も部屋に戻って来て、苦笑。

最後の最後に、みっちり予定を書き込んだカレンダーを壁にかけたまま出てきてしまった。密な予定の部分はだいたい終わったからいいかっ。

香港最後の2泊はホテルで。香港の最後は豪華ホテルで~!と行きたいところだが、エドモントンで家を見つけるまでホテル滞在だし、バンクーバーへ両親を訪問するのも今回はホテルになるので、お金はできるだけ切り詰める。。。
予約しておいた油麻地の安ホテルへタクシーで。
予想はしていたけど、すごっ狭っ!!!ホントにベッドだけ!って感じ。荷物は何1つ床では広げられない。大きなトランクを1つベッドに載せては開き、ほかのを開きたければ、それは閉めて端へ寄せると言った感じ。デビッド曰く、今回は仕方ないけど、もうこんな狭いところに泊まりたくない。と。ごもっとも!

お気に入りの美都カフェで夕食。あそこの固焼き焼きそば最高!
美都カフェ 美都カフェ 美都カフェ
そのあと夫の家族へ最後の香港土産を買いにTemple St.へ。と言ってもスーツケースはもういっぱいいっぱいだが。

Tagged with: ,

116 / 116« 先頭..10..114115116