Jamaica

ジャマイカ13 – オーチョ・リオス2

Posted on 1月 26, 2014 in Jamaica | 0 comments

2013年1月1日はの〜んびりビーチと映画。

Breakfast @ Silver Seas Hotel Breakfast @ Silver Seas Hotel

Ocho Rios

散歩に出かけるとかき氷なんか売っていたので、とっても人工的な色だなーと思いつつ、レモン味を。美味しかったです。

Shaven ice sweets Shaven ice sweets

Tartle Beachというビーチで数時間リラックス。ランチはビーチの簡易レストラン・バーにて、野菜とライス。

Tartle Beach

Tartle Beach Tartle Beach

夕方はIsland Villageで美味しいアイスクリームを食べ、「Django Unchained ジャンゴ 繋がれざる者」を観ました。

ジャマイカは黒人国家なので、最後のシーン、すごく盛り上がっていました!私も思わず一緒にイエイ!という気持ちになりました。

@ i sceam at Island Village

 

1月2日は、タクシーを1日雇ってNice Milesへ。Nice Milesは、ボブが15歳でキングストンへ移り住むまで住んでいた家で、お墓もあります。オチョリオスからは2時間ぐらいだっかな?湿地帯みたいな森の道(元々、川だったらしい!)を抜けて山へ。

On the way to Nine Miles On the way to Nine Miles

On the way to Nine Miles

なんだか何もない丘。こんなところにボブマーリーの育った場所はあるの?というへんぴなところ。

すると、スクールが現れ、家がぽつぽつとそれなりの村が出現しました。

On the way to Nine Miles

On the way to Nine Miles

@ Nine Miles

到着!入り口前に、マリワナを売る輩がたくさん!売るのも買うのも違法です!なのに、この村だけは特別OKなんだ、とか、ま、変なことを言ってくるわけです。「吸わないので」を何度も繰り返し言うと諦めてくれますが、ちょっとでも興味を示そうものなら、彼らの餌食です。私はマリワナどころか、煙の出るものすべて嫌いですヨ。敷地内に入ってみるとマリワナについての注意書きがありました。外にも(剥がされるから高いところに)張っておいて!

@ Nine Miles

ミュージアム、お土産屋などもあります。20~30分ごとに敷地内ツアーがあるので、それに参加します。

@ Nine Miles

お墓があるので、勧められるまま、ろうそくを購入しましたが、お墓の建物に入ったら、お供え物やろうそくが置かれていたので、私たちもそこ置いたら、置かないで、と注意を受けてしまいました。あとで、ろうそく売りに文句を言いました。買ってもお供えさせてくれる場所ないじゃん!と。お墓の建物は狭いし、ろうそくはお墓に焦げを作る可能性があるので、だめなのでしょうね。理由はわかりますが〜。
これがお墓が入っている建物です↓

IMG_2536

ボブマーリーの部屋↓

@ Nine Miles

@ Nine Miles

キングストンのボブ・マーリー・ミュージアムで見たのだったと思いますが、ボブ・マーリーは、こんな最北のエドモントンにも来たことがあるんですヨ。1979年の11月に。あるツアーの地図を見ていたら、エドモントンにもマークが付けられていたので、驚きました!(突然思い出したので、ここで書いておきます)

街に帰ってから遅いランチにEvita’sというイタリアン・レストランにタクシーでそのまま行きました。3時ぐらいの遅いランチになってしまいましたが、美味しかったです。景色もよく満足でした。でも1年も経つと忘れちゃうものですね。こんなニンニク食べたっけな?トーストに塗るオリーブオイル漬けかなんかのニンニクですね。

@ Evita\'s@ Evita\'s

@ Evita\'s@ Evita\'s

@ Evita\'s

@ Evita\'s

@ Evita\'s

Evita's
Eden Bower Rd
Tel: (876)795-0064

最後の夜になるので、Island Villageに戻って、マルガリータビルというバーで一杯。私はアルコールなしの飲み物。子どもたちが水遊びできる施設があったり、ダンスの練習?披露?していたり、家族で楽しめるタイプのバーでした。

@  Island Village

このオチョリオスを近辺をドライブしていて時々見かけたのが、赤土を掘り起こしている工場です。聞くとアルミニウムが産業の1つだったのらしいですが、今ではもう出なくなってきているのか、産業としては減ったとのこと。

almi

 

1月3日。帰国日。

朝、雨が降り、ダブル・レインボーが出ていました!

Ocho RiosOcho Rios

前日1日送り迎え、そしてこの日、モンテゴ・ベイの空港まで送っていってくださったタクシーのおじさん。↓

Ocho Rios

Ocho Rios

約2週間で4つの街を訪れ、かなり濃く回った旅となりました。

ボブ・マーリーの存在はやはりとっても大きいですね。私は特にファンというわけでもないのに、トレンチ・タウンまで行って、彼のことたくさん勉強させてもらいました。彼のライフスタイル(「ラスタファリ」という宗教的思想。菜食主義という点も興味を持ちました)、彼が世界に与えた影響、彼のあまりに短かった人生。。。興味深いです。

英語が公用語、という点も良く、旅行がしやすかったです。ま、かなりジャマイカなまりがあるので、何言っているかわからないこともたくさんありましたが〜。

食べ物も悪くなかったし(フルーツ最高。食べたことなかったフルーツも含めたくさん食べました)、国の北側はほとんど蚊もいなくて(南はたくさんいます)、暑いですが、割と過ごしやすかったです。

ただ物価が北米並み。。。それだけちょっと、、、。音楽とビーチを楽しみたい人には個人的にはキューバの方がお勧めです。

 

Tagged with:

ジャマイカ12 – オーチョ・リオス1

Posted on 1月 20, 2014 in Jamaica | 0 comments

1年前の冬、ジャマイカへ行きました。そのときの日記がまだ書き終わってなかったので、続きを書きます。

書いた分はこちら。↓

 

 

2012年12月30日(日) – 2013年1月3日(木)

キングストンのCity View Hotel。高台にあり、とってもいい眺めでした。街から車がないと泊まれないホテルですがお勧めです。

City View Hotel City View Hotel

キングストンでの滞在中、ずっとタクシーをしてもらっていたEnglishさんに、オーチョ・リオスまで約1.5時間の道のりを送ってもらいました。

途中でジャックフルーツのおやつ。これで$2。

Jackfruit

緑の川が道路沿いを流れていました。天気もよくて爽やか〜。

On the way to Ocho Rios

オーチョ・リオスに到着。Englishさん、お世話になりました!ここでバイバイ。

Arrived at Ocho Rios

部屋からの眺めはこんな感じ。2階です。津波が来たら直ダメージ受けちゃうな、と思ってしまう。景色はとってもきれい〜!

@ Hotel Silver Seas

ホテルのレストランでのランチは魚介シチューとチーズの揚げ物。私はチーズの揚げ物食べる気にはなりませんでしたが、シチューは濃厚で美味しかったです。

@ Hotel Silver Seas @ Hotel Silver Seas

到着のこの日の午後は、街を散策しました。
年末で閉まっているお店が多く、普段の活気がよくわかりませんでしたが、街はこんな感じでした。↓

Ocho Rios

Ocho Rios

木や幹に彫刻!

Ocho Rios

Ocho Rios

Island Villageもお店はほとんど閉まっていました。中央にある庭のボブ・マーリー像。↓

Island Village

閉まっていたTajimahal Shopping Centre。↓

Tajimahal Shopping Centre

つわりで具合が悪くなるので、夕食はちょっと早めで6時前に「香港酒楼」にて。

@ Hong Kong International Restaurant @ Hong Kong International Restaurant

Hong Kong International Restaurant
50 Main Street, Ocho Rios, Jamaica
(876) 974-0588

 

31日。

ホテルでの朝食はカラルー(calaloo)のオムレツ。
私のつわり中の欲望は、「野菜を食べ続けたい・・・」でした。何も食べていないと具合悪いが悪くなるので、なにか食べている限り具合悪くないんです。なので、ロー・カロリーでたくさん食べても大丈夫で、さっぱりしているサラダをちびちび永遠に食べたい・・・というのが欲望でした。
でも旅行中はなかなかたくさん野菜が取りにくいし、ジャマイカのレストランではサラダというメニューもあまり見かけませんでした。なので、これ、助かるメニュー。
美味しくって、連日食べてしまいました。ほうれん草バター炒めのようなか感じで、すでに調理されていて、くたっとなっている状態なので、たくさん入っています。

Breakfast @ Hotel Silver Seas

 

この日は、ドルフィン・コーブ(Dolphine Cove)というイルカと遊べるスポットへ行きました。
触ってキスするだけという一定位置から動かないレジャーも、しっかり一緒に海に入ってアクロバット、キスができる本格的なレジャーも、予約制です。私も夫もイルカはビギナーでしたが、妊婦はアクロバットはだめということで、私は触ってキスすだけ。私は元々そんなに乗り気ではなかったので、触るだけで充分。
夫は1人でこちらに参加。

@ Dolphine Cove

水族館や動物園を含め、こういった施設は裏が見えていないので、行くかどうか判断が難しいです。いくら人間に興味を示し遊ぶの大好きなイルカと言っても、群れから引き離して自然界から捕まえられてきた動物ですし、トレーニングするにも、相当のストレス、虐待的な行為を与えているわけです。相当お金をかけて動物に優しい環境で管理していても、動物は苦しんでいる場合が多いのではないかと思います。なのでどちらかというと反対派なのですが、こういう施設が人間に動物とふれあうチャンスを与え、動物についてもっと興味を持ったり、理解が深めたりしてくれるのも事実。

↑ この写真はプロが撮った近距離撮影。写真はいいお値段でした。

私が遠くから撮った写真はこちら↓ イルカにキスされています♪ イルカさんも大変だ〜。

@ Dolphine Cove

Dolphine Cove

地図で見るとここから1kmぐらい離れたところに、ダンズ・リバーの滝があり、みなさん、タクシーやミニバス、ツアーバスで行くんですが、近いじゃん、ということで私たちは歩いて行ってみました。そうしたら歩道も狭いし、かなりの坂を登らなければならず、大変でした。閉まる30分前に入園。入園料はディスカウントしてくれませんでしたが、水中を歩く用の滑りにくいゴムのビーチ・シューズをレンタルするときにはディスカウントしてくれました。
ランチがまだだったので、クラフトショップが集まる一角でサンドイッチを買って急いで食べて、滝へ!

Dunn\'s River Falls and Park

Dunn\'s River Falls and Park Dunn\'s River Falls and Park

4時ごろの森は、なんだかすでに暗くなりかけていて、あまりのんびりできないのが残念でしたが、トロピカルな森を流れる滝で、水しぶきがきれいな川に浸かることができてよかったです。週末は特に親子連れが多く混んでいるそうです。ちょっとプール感覚で遊びに来れそう。

1年の締めの夕食はインド料理。

New Year\'s Eve dinner @ an Indian restaurant New Year\'s Eve dinner @ an Indian restaurant

New Year\'s Eve dinner @ an Indian restaurant

妊娠中でしたので、この旅行後はしばらく旅行はなしかなーと思いつつ、家族がひとり増える新しい2013年にドキドキそわそわしながら、思いをはせる年越しでした。

夜はたいてい具合が悪いので、早々に就寝・・・。

ジャマイカ 11 – キングストン2

Posted on 7月 1, 2013 in Jamaica | 1 comment

2012年12月28日(金) – 2012年12月30日(日)

29日。
キングストンの中心街の1つダウンタウンの The Parade に行く途中、National Heroes Park があったので寄りました。

ほとんど誰もいなくてガランとしていましたが、きれいな公園で、四角い箱に入った身動きしない看守がいるなど、きちんとした公園のようでした。

National Heroes Park

Monument to Sir Donald Burns Sangster K.C.V.O.
Sir Donald Burns Sangster K.C.V.O.の記念建造物

Monument to Marcus Mosiah Garvey
Marcus Mosiah Garveyの記念建造物

Momument to Samuel Sharpe
Samuel Sharpeの記念建造物
などなどジャマイカのヒーローのモニュメントがいくつもありました。

National Heroes Park

看守交代も厳かに。

The Paradeに着いてからは、辺りを散歩。衣類や野菜のマーケットが乱雑な感じで所狭しと店を広げていました。

The Parade

The Parade The Parade

The Parade

こんなタンクトップを売っているお店のお兄さん。笑。サービス精神が惜しみない感じがとっても好意的。素敵なポーズありがとう〜!

ベーカリーはこんな感じ。

IMG_2083

Calaloo Pizza

カラルー(calaloo)は私がジャマイカで初めて食べて気に入った野菜。お腹空いておらず、これは食べませんでしたが、いろんなところに使えるんですね〜。

それから国立美術館へ。入り口がわからず、しばしうろちょろ。

Fishing Kids

Negro Aroused

↑印象的な像。Negro Aroused. ジャマイカ独立時の労働者階級に捧げられた像。

National Gallery of Art

National Gallery of Art

モダンなアートもあり、なかなか面白かったです。タクシーのEnglishに電話して、美術館内でお土産買ったり、コーヒー飲んだりして、待つ。そして外に出て待つ。でも来ない、、、遅いぞー!どこまで行ってしまったのか。

やっと来て、次はボブ・マーリー博物館へ。キングストンの一番の目玉観光地のようです。入場料$US20。館内は撮影禁止で、英語で説明をしてくれるお姉さんに付いて1時間程度のツアー。

Bob Marley Museum Bob Marley Museum

Bob Marley Museum Bob Marley Museum

世界をツアーしたときの地図を見ました。ボブ・マーリーはなんとエドモントンにも来たことがあったんですね〜!びっくりです。

そのあと、地球の歩き方には「間違っても入り込まないように」と書いてあるトレンチタウンへ行きました。やっぱり今でも突発的に何があるかわからない地域らしいですが、1人で歩き回るわけでもないし、ここで育ったEnglishがドライバーのタクシーで行くのだし。それにもう1つのボブマーリーのミュージアムもあるので、行くことに。大丈夫でしょう!ということで。

Trench Town Trench Town

途中でコーン購入。

Trench TownTrench Town

Trench Town
右はタクシードライバーのEnglish。

Trench Town

Trench Town

Trench Town Culture Yard Museum
↓ベッドはボブの師匠(No Woman No Cryという曲をボブと一緒に書いた人)が暮らしていた部屋。

Trench Town Culture Yard Museum Trench Town Culture Yard Museum Trench Town Culture Yard Museum
↑車はボブマーリーの車。

Trench Town Culture Yard Museum Trench Town Culture Yard Museum

Trench Town Culture Yard Museum

Trench Town Trench Town Trench Town

夜はMarket Placeというレストラン街にドライバーが連れて行ってくれました。選んだのは日本食のお店。店員さんや板前さんに日本人の姿多数!美味しかったです。Englishは日本食は初めてだったそうですが、いろいろとつまんで、美味しいと言っていました。特にムール貝のポン酢が美味しかったそうです。自分のメインは無難に
カツみたいのを食べていましたが〜。

@ a Japanese restaurant @ Market Place @ a Japanese restaurant @ Market Place

@ a Japanese restaurant @ Market Place @ a Japanese restaurant @ Market Place

@ a Japanese restaurant @ Market Place @ a Japanese restaurant @ Market Place

お店の名前、忘れちゃった。。。日本人のお客さんもちらほらいて、キングストンの日本人にも人気店のようでした。

Tagged with: ,

ジャマイカ 10 – キングストン 1

Posted on 6月 27, 2013 in Jamaica | 1 comment

2012年12月28日(金) – 2012年12月30日(日)

ほとんど毎日違う朝食で楽しませていただきました。ほかの朝食はこちら
この日はトレジャービーチ出発の日なので、最後の朝食。こちらはサバをトマトソースで絡めた一品。朝でも魚を食べる日本人にとっては全然抵抗ないんですが、夫は朝から魚や野菜は食べないので、まあまあ、、、と言っていましたが。焼きバナナとヤング・バナナ。バナナ好きだね!
ヤング・バナナは、バナナなのに甘くありませんでした。甘くないバナナはあり得ない!ということで、テーブルに付いているみんなに不評でした。
イモのような感じで、そういうものだと思えば、慣れるのかな。

Last breakfast at Nuestra Casa

毎朝、違うカップルと朝食を共にして、それもなかなか面白かったです。

それにしても、ジャマイカの北と南では、蚊の量が全然違う!南に来たら、スプレーしても、たくさん刺されてしまい、足がやばいことになっていました。片足で20カ所ぐらい刺されました。部屋は網戸はなく、ベッドの上から蚊帳を吊るして蚊を避けていましたが、寝ている間にブランケットや足で蹴ったりして、隙間ができたりして、あまり意味がなかったような。。。一応蚊取り線香もありますが、それもちゃんと効いているのか。。。滞在中、途中で部屋の移動をしなければならなかったのだけど、移った部屋には蚊帳なし。それはあり得ないということで、リクエストして、蚊帳を急遽張ってもらいました。蚊帳、あるんじゃん。

楽しかったトレジャービーチ。スタッフの方やワンちゃんとさよなら。

宿主のロジャーにキングストンまで送ってもらいました。もちろん有料ですけどね。そのあとのキングストン内でのタクシーも知り合いの息子というタクシードライバーを紹介してもらって、とりあえずキングストンも安心。

バイバイ、トレジャービーチ!

Leaving Tresure Beach

途中休憩も入れて3時間ぐらいでキングストンに到着。ホテルはCity View Hotel。丘の上にあるので、テラスからの眺めに期待できるホテルです〜。

Reception @ City View Hotel City View Hotel

タクシードライバーの名前はEnglish!イングリッシュさんです。面白い名前ですね〜〜。とても若く見えましたが、夫と同じ年だそうで、子どももいるそうです。気さくな感じの人で話しやすかったです。「ホントに〜!」という時、For real!と言い、口癖のように言っているのが、印象的でした。
3日間ドライバーになってくれるということで、料金も合意済みでしたが、食事はどうするのか前もって話しておくのを忘れてしまいました。とりあえずランチは安いからオファーしました。と言っても、ジャマイカの物価は北米と同じなので、これで1000円近くしますけどね。
フィッシュバーガーとサラダ。

Lunch - our first meal in Kingston

バーガーの中のタレがかなり甘くて、まあまあでした、、、ファーストフードなのに混んでいて、あまりfastではありませんでしたが。

閉館時間だったか忘れたのですが、土日は閉まっているとかで、もう来るチャンスがなく、無理に開けてもらって訪問したTuff Gong! ボブマーリーがレコーディングをしたところです。当時のエンジニアをしていた方や、ボブマーリーのお孫さんもいました!

Tuff Gong Studio Tuff Gong Studio

Tuff Gong Studio Tuff Gong Studio

Tuff Gong Studio Tuff Gong Studio

Tuff Gong Studio Tuff Gong Studio

タクシードライバーのEnglish! 終わって電話したのに、全然来ない。3日間私たちに雇われたはずでは?どっか行っちゃって戻ってくるのに、30分とか待たせたら、それは良くないね。おかげでセキュリティーの人たちと暑い中、長く立ち話しちゃったじゃん。私、妊婦なのですが〜。たくさん水飲んでたくさんフルーツ食べてねって、セキュリティーの人たちに、なんだか優しいアドバイスもらっちゃってるし、私。^^ つわりで水飲めないんだけど、がんばって飲みます、はい。

それからデボンハウスへ。昔の豪邸。中を見るのは有料。敷地内だけなら無料。敷地内にはお店や美味しいアイスクリーム屋さんなどがあり、憩いの場になっています。豪邸はもう閉まる時間だったので、中は見ず。

Devon House

Devon House I Scream Devon House I Scream

Devon House I Scream Devon House I Scream

リラックスできるステキな庭もあり、なかなかよかったです。

Devon House

トレジャービーチで一緒だった、スペイン人カップルにここで会いました!偶然!夕食一緒にどう?という話もあったのだけど、私たちはピザを持ち帰って夜景を楽しむ予定だったし、夜ということで、私はまた具合があまり良くなく。。。そしてタクシーの運ちゃんもあまり夜まで連れ回せないし。なにせ私たちのホテルは丘の上にあるから、最後歩いて帰るとかできないので〜。ということで、ごめんなさい。

で、Englishにまたもや待ちぼうけ食わされた!それも1時間ぐらい。かなり信じられない気持ちになってくる。友達に会っているのか、ほかのお客を乗せているのか、はたまた家に戻っているのか?
ごめんごめん、なんて言っているけど、なんだかな〜。
夕日も見たかったのに、すっかり沈んじゃったじゃん!

ピザで夜景に乾杯!ホテルからの眺め最高〜!

View from City View Hotel

Dinner with the nice view

昼間の風景:

Kingston

Tagged with: ,

ジャマイカ9 – トレジャービーチ5 – Y.S. Falls

Posted on 6月 24, 2013 in Jamaica | 1 comment

2012年12月23日(日) – 28日(金)

27日は Y.S. Falls ツアー!

こちらは出発前に宿の庭でパチリ。ジュエリーのようなサボテンや鮮やかに咲いた花がとってもきれいでした。

Looks like a jewel

@ Treasure Beach in Jamaica

@ Treasure Beach in Jamaica @ Treasure Beach in Jamaica @ Treasure Beach in Jamaica

トレジャービーチからは約1時間。宿主のロジャーが送り向かい・ガイド係をしてくれてツアーとして行きました。

途中、道路の脇で、胡椒エビというのを購入。このあたりの名物のようで何度か路上で売っているのを見かけました。頭も殻も付いているエビでしたが、そのまま全部を食べようと思えば食べれる固さ。胡椒スパイスが効いていて美味しかったです。

到着ちょっと前の道路際には、牛や馬が。
Y.S. Falls
今、このブログ、半年も経過してしまってから書いているので、いろんなこと忘れてしまいました。。。
この日はなにかの休日でした。早めに行ったので、まだ待ちは悪くありませんでしたが、帰りに入り口を通ると大勢の人が。ロジャーもこんなに混んでいるのは見たことがないと言っていました。
入り口からは1キロもないと思うのですが、距離があるため、トローリーで滝の近くまで行きます。滝で遊べるほか、お土産屋さんやカフェ、プール、更衣室など、施設が揃っています。滝の上をロープでビューンと下れるレジャーもけど、1回$50とかするらしいです。私たちはやりませんでしたが〜。

Y.S. Falls

Y.S. Falls

Y.S. Falls
他人がロープでジャンプ。

Y.S. Falls Y.S. Falls
それを見て夫もジャンプ!

Y.S. Falls
ジャンプ現場から見るとけっこう怖い!

Y.S. Falls
魚も泳いでいます。

Y.S. Falls Y.S. Falls

Y.S. Falls

2時半ぐらいにY.S Fallsを去りました。ランチがまだだったので、スープが美味しいというHowie’sにロジャーが連れて行ってくれました。

Howie\'s

巻貝のスープ、とっても美味しかった〜!

Howie\'s

Howie\'s Howie\'s Howie\'s

中も外もたくさん絵が描かれていて、楽しいレストランでした。

それから、また車で15分ぐらいのところにある、バンブー・アベニューに行きました。竹林が数キロに渡って生い茂っている通り。竹のトンネル〜。

Bamboo Avenue

Bamboo Avenue

途中で美味しいココナッツジュースをいただきました。ちゃんとしたランチは食べてませんでしたが、巻貝スープとこのジュースで胃はすっかり満たされ満足。

Coconuts @ Bamboo Avenue Coconut @ Bamboo Avenue

Coconuts @ Bamboo Avenue

夜は具合悪くなるので、私は横になり、夫は散歩に行きました。

Treasure Beach

Treasure Beach Treasure Beach

宿で軽くサラダとチーズの夕食。

そのあと、近所ですごいクリスマス装飾をしている家があると聞き、見に行きました。カナダのトロントにも住んだことがあるジャマイカ人女性によるものでした。周り真っ暗なので、とってもきれいに夜に浮かび上がっていました。

A light-decolated house in Treasure Beach

A light-decolated house in Treasure Beach

Tagged with: ,

1 / 3123