Posts made in 1月, 2012

キューバ旅行 5 キューバのチャゲアス?(トリニダー)

Posted on 1月 27, 2012 in Cuba | 0 comments

2011年12月25日
今日は朝からビーチへ行ってみる予定だったので9時には起床。部屋を出るが、祭りの後という感じで、ワインやビールの空き瓶空き缶がテーブルや床に転がっている。
Next morning Next morning 宴の後
え〜と、朝ご飯を食べたいんですけど?
クリスマスだからか、従業員のお姉さんはいない模様?庭に腰掛けて、とりあえず誰かが来るのを待ってみる。ほかの宿泊客の気配もない。みんなまだ寝てるの?それとももうどこかに出かけたの?
そのうちオーナーが出て来た。まずとりあえず昨晩のお礼を言って挨拶。今日はこれから教会へ行きます、とのこと。朝食のことすぐ聞けばよかったんだけど、まさか?と思ったのと、一言めにめしの話じゃ、、、と思い、ちょっと待ってみる。でもそのあとすぐ家族で行っちゃったみたいで、聞く人もいなくなった。オーナーのお母さんがいたので、聞いてみるが英語は通じず。。。
だめだ、こりゃ。
外へ食べに行くしかなさそう。
え〜と、昨晩のクリスマス会でごちになったから、朝食なしでもOKでしょ、ということなのかもしれないが、説明がない。宿泊中は毎日朝食を食べたいとは伝えてある。納得できず。。。
そして外のレストランは、朝食はどれほどの頻繁度で開いているのか、よく知らない。それもクリスマスの朝で閉まっているレストラン多々ありそうな気配。。。元旦みたいなものだもんな〜。私たちふたりしてちょっと不機嫌に、、、
Streets in Trinidad

Christmas breakfastけっこう歩いてやっと開いているレストランを見つける。朝食メニューはないみたいで、食べたいものを伝える。ちょっと待って!いくら?と私は聞く。お姉さん、その場で言えず、キッチンに行って戻って来た。オムレツ$1.5。値段を分からないで注文しちゃうと、いつふっかけられるか、知れたもんじゃない。だから聞いた。けっこう安くて安心。でも不機嫌な夫は、安いに決まっているじゃん、値段なんて聞かないで。って。いや、それは違う。あとからふっかけられて、後悔するのは私だから、私は聞いただけ。で、そのあと、コーヒーとジュースも頼んだんだけど、これは値段聞かなかったら、それらもそれぞれ$1.5だった!たけっ!ちょっと油断しちゃった。さすがにオムレツより高くはしなかったけど、不自然でない程度にいくぶん高い。(細かくてすみません)
トーストが古いパンだったみたいで、カチンコチンだ。
それでも2枚も出て来たら、ちょっとぐらい食べようと思って、それでバターをもらおうと思って、バターを塗るまねをして「バターください」と英語で言ったら「マヨネーズ?」って言われて、ちょっと違うんだけど、それでいいやと思ってマヨ塗って食べましたよ。こっちの人はマヨネーズ塗るんだね。
一筋縄では行かない朝食でしたー。

おかげで街を出るのが昼近くになっちゃったよ〜。これからレンタル自転車でビーチまでレッツゴー!片道20km!がんばるぞー!
Streets near Trinidad
日差しは強い。街の中は石畳だったけど、郊外はアスファルト。妊婦だから、石畳のガタガタがおまたに良くないと思ったけど、ほとんどアスファルトだったので、なんとか大丈夫。ガタガタのときは立ち漕ぎ。ビーチまでけっこう遠くて1時間半もかかってHotel buffet @ Playa Anconしまった!途中、日焼け止めをすりすり塗りながら来たけど、すごい汗かいたー。
ランチはビーチのホテルのビュッフェ。オレンジジュースが美味しくてがぶ飲み2杯いっちゃった。宿泊客じゃないけど、そこのホテルのビーチで1時間半ほどのんびりしました。

Beach near Trinidad

帰りは少々登りということもあり、そして軽く雨が降ったりして途中少し雨宿りなどしていたので、2時間以上かかって街へ戻った。暗くなることまでに戻れてよかった。
私も夫もちょっと体に合わない自転車だったし、ブレーキが片手しかない(普通両手にブレーキあるけど)という自転車だったけど、1日$3で借りられたのは安かった。
カサへ戻る。あれ?また部屋が掃除されていない。シーツもゴミもそのまま。。。2日前のランチの残りは夕食になって、その残りが捨ててあるから臭い始めているぜよ。。。

シャワーを浴びて、夕食へ。
つわりでマジ吐く〜。最近は夜具合悪くなる。
道ばたで具合悪くなるとそれが一番困る。吐くとしたらどこで吐こうかとか(ゲロ袋用意しておこうよ!)、人目も気になるし、一気に緊張する。つないだ手も緊張で急に汗ばむので、夫も変化に気づく。映画やドラマで観るのような、上品な「ウッ」じゃなくて、「おえ〜〜〜っ」「ぶわ〜っ」というようなマジで来てますわ、吐きますわ、的な体音。吐くのを我慢しているときが一番大変。とりあえずこのときは吐かずに済んだ。
行ったレストランは通常ビュッフェをやっているらしいのだけど(ガイドブックにそう書いてあった)、クリスマスはアラカルトメニューしかないらしく、ちょっと高いけど、そこにした。そこのミュージシャンすごく歌やギターが上手で今回も当たり!キューバのチャゲアス?って言ったら褒め過ぎだけど、ホントうまいの。歌い方にも特徴があって、声が伸びてて、やっぱりチャゲアスのように長年やっている味が出ているという感じのデュオでした。オリジナルソングだという曲もすごくかっこいいの。
Lobster! Duo Ensueños
ロブスターと、2人組ミュージシャン Duo Ensueños @ Restaurant Plaza Mayor

みんなオリジナルソングでオリジナルCD引っさげているんだよね〜。すごい。

写真のキスは夫の提案。私に罪はありません〜。
CD購入。
フレンチフライ、私一人で2皿食べちゃった。なんかね、すごい食べたかったの。笑

Tagged with: , , ,

キューバ旅行 4 (トリニダー)

Posted on 1月 26, 2012 in Cuba | 0 comments

2011年12月23日夜
カサはよかった。広いし、家の中に馬もいるし、犬も3匹でフレンドリー。動物が好きな人は、うれしくなっちゃう。
夜散歩に出て、素敵なミュージシャンが夜な夜な演奏しているバーへ行ってみる。モヒート(私のはノンアルコール)飲みながら1時間ほど。なんだか老若男女、みんなサルサ踊れるの?すごいね、この国は。知らない人に一緒に踊ろうと声がかけられないかちょっとドキドキしちゃったよ。わたしゃ、全然踊れないし、つわりだから勘弁して〜と。バンドのCD買ってみる。$10。
@ Casa de la trova Gentleman @ Casa de la trova
David enjoying a mojito and a cigar Yewco hates smoke
私はたばこはもちろん煙も大嫌いです。写真はポーズのみ!

24日
Horse in the house!オーナーはHorse Whisperer(馬ささやき師?)。馬にささやくって詩みたい♪ 何をする人?って感じだけど、話を聞いていろいろと馬のこと勉強になった。「馬ささやき師」とは、調教師みたいなものかな。人間を恐れさせて命令して従わせるのではなくて、気持ちや行動パターンについて、そしてその馬の性格を知ってわかり合った上で、コミュニケーションを取り、従わせる。と理解した。
馬は馬車として、荷引きとして、街のそこら中で人間のために働いている。お疲れさま〜!

Breakfast遅めの朝食。ミルクがちょっとoff?ちょっと分離していて悪くなり始めっぽかった。
私は全然潔癖性とか新鮮なものしか受け付けないとか、そういうことはないのだけど、なぜかつわりのときは、ちょっとでも腐ってる?汚い?と思ってしまうと、気分が悪くなってしまうようになってしまったのがつらい。
でもフルーツや卵は美味しかった。サルモネラが心配だったので、well-doneで頼んだけど、ちょっと半熟だった。。。ドンマイ!

今日は1日街を散歩。博物館も2つ。
View from Museo Historico Municipal de Trinidad Streets in Trinidad Mango juice
Streets in Trinidad Streets in Trinidad
ビーチのバラデロと比べてけっこう暑い。同じキューバでも北側と南側(この街は南)では違うようだ。
汗かく。水は飲みたくないので、パックのオレンジジュース飲む。

ランチは特別行きたいレストランがなかったので、誘われるままに行ってみたレストラン。なかなか素敵なミュージシャンと普通に美味しいピザ。
Restaurante Trinidad Colonial Veggie pizza
エドモントンの大家さんのアドバイスで、夫はあげるためのギターの弦を持ってきていた。古いギターの弦でもキューバのミュージシャンは喜んで使い、それがチップ代わりになると。すごいのは、1種類の弦を引き延ばしたりすることによって、本当は5種類セットとかで買うのに、1種類をすべてに運用。夫は新品のギターの弦をチップ代わりに誰かにあげようと思って持っていたものを、ここであげました。でもシンガーの人にチップ置いてないような罪悪感を感じ、さらに現金のチップも。
みんな自主制作のCD持っているんだよね〜。チップを数ドル払うか、CDを買ってそれをチップとするか、あなた次第。
彼女らもすばらしかったー。歌は超うまく、ギターも洗練されたテクニック。彼らは2〜3種類CDを持っていた。スタジオでレコーディングするのに、1曲$12かかるそう。10曲の1枚のCD作るのに、単純計算で最低$120。キューバ人にとっては大金だ。一人前のミュージシャンとしてやっていくのは楽ではなさそう。
それにしても、すべてのレストランに専属ミュージシャンやそのときの雇われミュージシャンがいるのかな?すごいことだ〜。
ピザはたったの$4と$6(それが相場なんだけど)。CD買ったりすると、音楽に対して払っている対比が高くなる。
Canchanchara夫はチャンチャラという甘いアルコールも飲む。シロップが沈んでいるので、混ぜながら飲む。私も一口だけ。美味しい〜。
食べ物だけでいい人は、生演奏があるか確認した方がいい。演奏があっても自分の好みじゃなかったり、チップを払うのが嫌で、しらけたお客さんになるのは、こっちもあっちもつらいもの。。。

手編みのサマーセーターを数枚購入。なかなかかわいいし、安い!うれし!
Got some nice summer sweaters Baby shoes

今晩は、カサに招待されてのクリスマスパーティーに参加。ごちそうになるので、ワインとジュースを買って行く。
部屋に戻ると部屋は掃除されていない。1日置きなのかな?

オーナーの家族と親戚、さらに宿泊客と友人たち?総勢30人ぐらいはいたんじゃないかな。美味しいごちそうをいただきました。
Christmas dinner @ Julio\'s casa Coconut and orange
キューバのクリスマスを体験できたのではうれしい、というか、それが今回の目的の1つだったんだけど、オーナー家族と親戚が夜遅くまでパーティーでうるさかった。仕方がないかな、家族団らんの日だからね。

Tagged with: ,

キューバ旅行 3 (サンタクララ)

Posted on 1月 19, 2012 in Cuba | 0 comments

2011年12月23日
この日は移動日。
サンタクララへバスで行き(所要3時間)、信用できるタクシーを見つけて荷物を預け、半日ほどサンタクララを一緒に観光して、そのあと、トリニダーまでそのタクシー(所要2時間)で行き、宿(予約済み)を取るという荒技。うまくできるかなー。
7時半に朝食。7時40分にチェックアウト。
4CUCでバスターミナルまでタクシー。
ホテルで手配した予約券(11CUC/人)をバス乗車券に変更。
エアコンの効いたバス、快適。8時15分出発予定が8時半出発。
薬を飲んでずっと外を見ていたので、酔わずに済んだ。
トイレ休憩あり。私もデビッドも25セントCUCコインがなくて、トイレのチップあげすぎ。
サンタクララ到着。降りるとすぐに宿やタクシーの勧誘。
一人決めて交渉は始めるが私たちがスペイン語ができないのと、彼らもやることやるにはネットワークが必要で数人なぜか集まってしまう。でも私たちの要求(数時間観光に付き合い、そのあとトリニダーまで運転していく)を受けてくれる人が見つからず、でも値段の交渉は落ち着いた。行きたい観光スポットが3つあったが、一番近いMonumento Ernesto Che Guevaraチェ・ゲバラの霊廟へ馬車で連れて行ってもらい、荷物はそこの施設の荷物預かり所にお金を払って預け、霊廟とその下にある小さな彼の記念館に入る。お兄さんはその間にタクシーを見つけてくるという段取りに。彼の名前はDuniel。全然英語が通じない。
彼女は日本に出稼ぎに出ているらしい。日本食レストランで働いていると言っていたけど、怪しい仕事でないことを祈る。
チェ・ゲバラの霊廟には彼の遺骨が眠っている。彼は次の革命のためボリビアに行ったけど、成功せず殺された。骨はキューバに戻され、ここに埋めらている。

そのあとどこかいいレストランない?と聞いて、彼が連れて行ってくれたところはなかなかいいレストラン。デビッドがDunielをランチに誘った。彼は最初断るがデビッドも押しが強く、ほかに運転手とその車の所有者なのかよくわからないがもう一人男の人がいるのに彼らは車で待たせて、Dunielだけ誘う。私は彼とは話も通じないし、一人普通に注文したら$20はかかるレストランでおごるの?ちょっと、えっ?まじ?と思ったけど、デビッドがおしゃべりを楽しみたいなら(結局、会話は勘違いばかりであまり通じていなかったけれど〜!)仕方がないかと私もしぶしぶOK。$20ってキューバの医者の1ヶ月の給料なんだけど?それを外国人値段でわざわざ地元の人にごちそうするってデビッドふとっぱら〜!と思ってしまいました。
Great meal彼も遠慮なくビールとロブスター注文しているし〜!(すいません、私、ケチなおばさん化しています。)
たぶん、ごちそうになったらチップはないな、と彼も思って、それなら食べたいもの頼もう〜!と思ったのだろう。
それにしても、ここのレストランかなかな良い。彼はここの責任者とお友達みたい。私のロブスター入りのパエリアすごく美味しくて量も多かった。デビッドが頼んだロブスターも値段の割に2匹のロブスターで大満足。客は私たちだけなんだけど、ギターのおばさんが歌い始めて(うまい!)、すでにけっこう予算オーバーなのに、この人にもチップ払わなくちゃいけないなーとか、そういうことを考えてしまう。食事後、レストランの責任者には店の奥に連れて行かれて、デビッド葉巻購入しちゃうし・・・。たばこは「百害あって一利なし」。キューバの葉巻が有名だからといって、私は一切興味はなし。っていうか、煙が大嫌い。でも煙にはなぜか好かれており、近くで吸っている人がいると風向きは必ずこっちなんだよね。むかつくー。
次のチェゲバラの革命発起の場所へ着いて最後別れ際に、デビッドはなんと、交渉した料金のほかに、彼に$20のチップを渡しているではありませんか?何やっているの?気は確か!?と思ってしまいました。彼は私たちに2人にキスしてさぞかし喜んでいました。そりゃそうだ。医者の給料1ヶ月分の食事ともう1ヶ月分のキャッシュを1日でもらったのだから。
デビッドになんでそんなことするの?と聞くと、クリスマスだから誰かの天使になりたくて、だって!
。。。わかりました。そういうことですか。
すぐに財布のことを考えてしまう私。それならそうと早めに教えてくれればいいのに。はらはらしてしまう。
う〜ん、それはそれでいいけど、それでは、医者(カナダのでも日本のでもどちらでもいいが)の1ヶ月分の給料分の豪華食事と、もう1ヶ月分の給料のキャッシュを贈ってくれる天使は私たちに現れてくれるのかなーと願わずにはいられませんでした〜〜!現れる訳にゃい!

話は戻るけど、パエリア多すぎてお持ち帰りにしてもらい、それが夕食となったので、かなりお得だった!それが天使だったと考えるか〜?苦笑
Paella with lobster and seafood Lobsters

チェゲバラの革命発起の場所というのは、チェ・ゲバラが政府軍が乗った列車を襲撃したところ。その跡地に列車がそのまま配置され、革命の場所として保存されています。閑散としていたけど、きれいに保存されている様子でした。
Monumento a la Toma del Tren Blindado Monumento a la Toma del Tren Blindado

もう1つチェゲバラと子供の像も訪問。なんだか、ミニチュアの人々(一緒に革命で戦った人たち?)がゲバラの肩の上やベルトバックルの中にいて、ちょっとシリアスさに欠けるけど面白い像。
Monument of Che & child Monument of Che & child
Monument of Che & child Monument of Che & child

On the way to Trinidad Entering Trinidad
タクシーで無事7時ぐらいにトリニダーに到着。
タクシーの運ちゃんは車の窓から空き缶を捨てた以外はいい人だった。
ここでまた事件。
この運ちゃんはトリニダーの人ではないので、私たちの行きたい宿(「カサ」と言って、家の部屋を旅人に貸し出す宿)がどこにあるかは正確には知らないので、街に着くと通りかかりの人に聞いてくれた。若いあんちゃんが「それはうちのファミリーがやっている宿だよ、案内するよ」と言ってタクシーに乗り込んでくる。そんな偶然!すごい!と思ったけど、デビッドの言っていた話を思い出す。
トリニダーでは、泊まる宿が決まっていても、道に迷っていると「その宿はいっぱいなの。うちに泊まりなよ」と連れて行こうとする輩がたくさんいるとガイドブックに書いてあるので気をつけようとデビッドが話していたのだった。
私たちの宿おの名前は「フリオの家」という宿でデビッドのガイドブックでは一押しのカサとして紹介されていた。それにあやかってか、「フリオの家は今日はいっぱい。妹の家の方に泊まって」と青年は言う。私たちは予約しているし、いっぱいだとしても大丈夫なはずと言うが、聞かない。電話確認もせず、名前も聞かず「いっぱいだ、こっちに泊まれ」なんて絶対変だと思い、でも車に乗り込まれちゃったので、一応行ってみることに。着いた。私はタクシーで待機。デビッドと青年は宿に入って行き、話をする。女主人はフリオの妹を演じていたそうな(笑)。
1週間分すでに料金払い済みなので、なにも追加で支払うことなく1週間泊まるよ、と言ったらどうなっていただろうか。そしたら追い出されるのか。現に1泊分はホントに前払いしているのだ。
結局デビッドはあきれて怒って、そのまま出て来た。もちろんだ。でも、これで信じちゃう人もいるみたい。
さっさとタクシー出してもらい(タクシーの運ちゃんも無駄骨運転で迷惑かかっちゃってんじゃんねー)、目がぎらぎらしていない地元の主婦っぽい人に住所を聞いてやっと到着。タクシーの運ちゃんにもチップをいくらか払って別れる。ありがとうございました!

宿に着いて、フリオに聞く。妹はいますか?いないってーー!やっぱり!

Tagged with: , ,

キューバ旅行 2 (バラデロ)

Posted on 1月 14, 2012 in Cuba | 0 comments

2011年12月20日
やはり疲れたみたい。早朝、伸びをした瞬間にふくらはぎを吊る。昨夜無理でも湯船に浸かればよかった。おまけに鼻血も出た。
フライト中、足のむくみ解消のため、簡単な体操したり歩いたりするけど、今回は具合が悪く寒かったせいもあって、じ〜〜としてしまっていた。そのせいだと思う。
カナダの自宅にはバスタブがない。でも香港のTさんから「温泉の素」をいただいていて旅行のバスタブがあるときに使おうと思って持って来ていた。このホテルではバスタブがあるので早速、夫も喜んで湯を貯めようとしたら、栓がなく、フロントでも明日でもいいかと言われて私は諦めたが、夫は諦めきれなかったらしくタオルを突っ込んで、無理矢理お湯貯めてた(笑)。。。私も入ればよかったな。
ゆっくり寝て、朝も遅く起き、朝食もレストラン時間ギリギリだったらしい10時半のちょっと前に行った。野菜たくさん、フルーツジュースたくさんいただく。Buffet breakfast野菜たくさんと言っても、キャベツとレタスとピクルスがほとんどであまり種類はないのだけど。コーヒーはまずいと夫が言っていた。キューバはコーヒーも有名らしいんだけど、こういうところではいいコーヒーはサーブしないんだろうな。残念。

吐き気止めの、あの良く効く(高い)薬Ondansetronを飲む。6時間はつわりフリー。うしし!

ビーチへ繰り出す。きれいな白い砂浜と透明な海!さすがビーチで有名なだけある。沖縄みたい!
Beach
ビーチもホテルの敷地内だから横になる椅子は無料なんだけど、念のため用意してくれた人にいくらなのか聞いたらチップだけでいいと言う。ヨーロッパとかだとイスは1日1000円とかかかるので、それと比べてしまって、無料ならチップをはずんでもいいやと思ってしまい、3CUCあげてしまった。でもそのおかげで2日後でも私たちの顔を覚えていてくれて、込んでるときにイスがなくて困っていたら、口笛で合図され、振り向くと彼が余分なイスあるよ!と倉庫から出して来てくれた。チップとはこういうときのためになるのだなーと思った。顔を覚えてくれて特別扱いしてくれる。「賄賂」を彷彿をさせるが〜、苦笑。

Lunch with Pina Kolada1時過ぎると残念ながら曇って来たので、ランチに宿へ戻る。戻ると言っても30mぐらいなものなんだけど。屋外ビュッフェ。BBQの焼きたてもやっていたが残念ながら鶏肉だった。魚も焼いてくれ。ロブスターとか。私たちのメインは超シンプルな具なしのナポリタン。チープじゃの〜。あとはサラダとピナコラダ(アルコールなし)。
ちなみにモヒートもアルコールなしを作ってくれます。
夜も同じビュッフェ。やはり海鮮は白身魚が2種類のみ。すぐ飽きる。。。
昨日閉店近い時間に夕食食べてチップ置いて行ったの、お姉さん覚えていてくれたようで、すぐに飲み物は何がいいですか?とサーブしてくれた。ワインやビールも飲み放題なのでデビッドは何杯か飲んでた。いいわね〜。私はフルーツジュース。フルーツとかフルーツジュースって意外とカロリーがあってお腹いっぱいになるので、たくさんは飲めないのだ。フルーツの糖分って体に吸収されやすいらしいし、飲み過ぎは太る。果汁100%のジュースでもないみたいだし、私はもっぱらフルーツをそのままいただく。私の水分補給。
メキシカンやイタリアンのレストランに予約を入れようとするがかなり先までいっぱい。ようやく4日泊まりの最後の夜はメキシカン・レストランで予約が取れた。
夜は薬が切れるからか、つわりで気分が悪い。食べているときはいいけど、食べる前と食べたあとは最悪の気分に。。。

12月21日
Varadero Beach今日も吐き気止めの良い薬を飲む。
今日も一日ビーチ・ライフ!
ランチの時はビーチのイスに荷物やタオルを置いて行ったにも関わらず、デビッドのイスが誰かに取られてしまった。タオルだけむなしく砂浜に落ちている。。。この日は違うお兄さんだったんだけど、チップをあげてたので、ランチに行くときに見張っててくれるよう頼んでおけばよかった。
同じ食事に飽きたので、この日の夜の食事はホテルの外へ。向かいのイタリアンにロブスターがあったので、そこへ行ってみることに。
Lobster @ Castelnuovo
キューバではたくさんロブスターが獲れるらしい。または養殖なのかな?やはり高いので地元のキューバ人はなかなか食べることはできない。海外輸出が多いらしいけど、キューバの観光地のレストランでももちろんロブスターを出す。何匹なのか、そしてサイズも定かではなかったが、ロブスターと魚とエビのアソートを頼んでみた(24CUC)。ロブスターは1匹だった。サイズは中くらい。魚はまた白身か〜と思ったけど、ホテルのと違う白身魚。タラみたい。美味しかった。でもやっぱり、もろリゾート地にあるレストランだけあって値段は高いな。前菜も食べて、食事としては満足だったけど、フルーツを食べにまたホテルのビュッフェに戻ってfinish。ここは食べ放題だから気が楽だ〜!

12月22日
朝ビーチに行くが遅いスタートでイスがない。初日にチップをはずんでしまったお兄さんが口笛で合図して、特別に?私たちに倉庫からイスを出して来てくれた!チップの力偉大なり。たばこは買いたいかと初日にデビッドに聞いていたが今日も聞いて来た。しつこいな。またチップを渡す。
ウェイトレスさんもチップをくれる人は顔を覚えていて積極的にサーブしてくれる。
部屋もチップを置いたら、初日にはなかった大きなバスタオルがおいてあるし!初日から置いてくれよ〜。
Varadero Beachチップあるなしでそんなにサービスの形態変えていいのか?と思うけど、チップをもらいたい気持ちともらったなりのお礼の仕方なのかな。
京極夏彦の「狂骨の夢」読み終わる。やっぱりいいわ〜、面白い。
夕方5時から5CUCで乗り放題の観光バスに乗って、半島の先まで行ってみる。2階がオープンエアのバスで、最初は気持ちよかったが風が強くて寒いので途中からは1階へ避難。半島の先の方は海とリゾートホテルしかなくて、バスなどで移動しないと散策とかは楽しめなさそう。
Tip of the peninsula
私たちのホテルは半島の付け根にあり、ホテルを出ると周りに少しだけどレストランや土産屋があったのはよかった。
バラデロは特に歴史的文化的な見所はなく、ホントに純粋にビーチ・リゾートという感じ。子連れで1週間のんびりするには楽でいいのではないかな。
7時に戻り、予約してあるメキシカンへ。ここも前菜はビュッフェ。いつものビュッフェレストランと同じものもあったが違うものもあったので助かった。暖かいナチョス用チップスがよかった(揚げたてだったのかな)。ここではデビッドはワインを飲むが私はまたスプライト。もう飽きたし、いい加減太る。水が飲めないのがつらい(水を飲むと吐き気がするから)。。。
今日も夜はつわりで気持ち悪い。
ウェイターのおじちゃんに写真を撮ってくれるよう頼んだら、私たちのカメラでほかのお客さんの写真を撮るやら、自分の写真を撮るやら、酔ってる?というほど陽気。面白かったからいいけど〜、笑。
This waiter might be drunk?
At the Mexican restaurant @ hotel At the Mexican restaurant @ hotel
食事はメインをポークか魚かを選択。もちろん魚。白身魚とサーモンだった。サーモンはアラスカ方面から輸入だそうで。

Tagged with: , , ,

キューバ旅行 1 (バラデロ)

Posted on 1月 13, 2012 in Cuba, 妊娠 | 0 comments

12月19日〜1月2日の2週間で、バラデロ、サンタクララ、トリニダー、シエンフエゴス、ハバナの順に回ってきました。

12月19日
旅行出発日。
朝食は冷蔵庫の生もの処理のためサラダをたくさん作って食べる。夫は朝からサラダは食べないのでその他の処理(パンやフルーツお願い)。
妊婦は乗り物酔いしやすくなると本で読んだので、フライトに備えてOndansetronを一粒初めて飲んでみる。これはやっぱりいい薬なのか、つわりをしばし忘れる!イイネ!副作用は下痢・頭痛らしいが。
朝6時半に家を出て、Park n Flyに駐車。
9時10分のフライト。遅れて9時半の離陸。フライト中、すごく寒い!!!
10時10分カルガリーに到着。乗客がさらに乗り込んで満席。
11時再度離陸。また寒くなる。ブランケットを貸してくれるよう頼んだら、$7で買うんだってさ!ひょえっ。今しか要らないんですが〜。安い航空会社はこういうところでケチるのか(ピークシーズンだから安くはないんだが)。5時間この寒さに耐えられるか。。。私もケチって買わないことにする。しかし、、、耐えきれず1時間後に購入。ブランケットを買わせるために温度下げてない!?
家で朝6時飲んだ薬は6時間ぐらいしか効かないのか、それともタービュランスがずっと続いて揺れで酔ってきてしまったのか、つわりの気分の悪さが戻って来てしまった。寒さもあってか頭痛まで始まってしまった。最悪やー。
私たちの席は飛行機の後ろの方だったのだけど、前方から後ろのトイレに向かう人が「こっちは寒いなー」と言っていた。後ろは飛行機に穴でも空いているのかな。なんで後方が寒いのだ?
水は飲むと吐きたくなるので、その他の液体を飲む。早朝の朝ご飯からはスプライトしか飲んでいなかったのだが、それが少し幸い。
(ここから先、汚い話になります、ご注意!!)
トイレの順番待ちしているときに、吐き気に襲われ、我慢するも無理。口に両手を当てて口の中で吐いてしまいました。スプライトのゲロだったので超我慢して飲み込んだが、やっぱりその行為自体気持ち悪すぎて次の瞬間また口の中で吐いた。口から溢れそうになり、目は泣いている。
運良くそこに飲み物サーブが終わったフライトアテンダントが通りかかり、私にどいてほしかったみたいでExcuse meと来た。私の顔と状況を見るなり、即、ゲロ袋とナプキンを差し出してくれた。助かった!!!
スプライトのみのクリアなゲロを一段落するまで吐く。トイレがようやく空いて、ゲロはそこに流すように指示される。薬はチェックインの荷物に入れてしまったので、手持ちがない。梅干しでなんとかつなぐしかないが、乗り物酔いみたいで、まだ気持ちは悪い。努めて寝るように心がける。しかし!隣に座っている老夫婦の男の方がずっと奥さんとしゃべり続けている。顔は私の方向に向いており(私のとなりが奥さん、その向こうが旦那さんだから)、それも声がでかい!耳栓があったので、それをして寝ようとするが、それでも一句一句が聞き取れるぐらい声がでかい!たまらん!
食べ物のにおいはそれにより大丈夫だったり、気分が悪くなったり。ランチの時間が来たが気分は悪くならないで済んだ。食事の選択は通常予約時にベジタリアンかシーフードを注文する。今回はその選択肢がなかったので、選べないと思っていた。ビーフかアルフレード・パスタのチョイスらしい。しか〜し!ここで、後ろの方に座っている私たちに順番が回ってくるころにはアルフレードは品切れ。。。え〜!!乗ったときにリクエストしておくとベジタリアンの食事取っておいてくれるらしいけど、それを知らなかった。航空会社ごとに決まりが違うからやっかいだ。アテンダントのお姉さんがチェックしてくれて、アテンダント用の食事なのか知らないけど、特別にベジタブルカレーを用意してくれた!美味しかったし、そのサービスはありがたかった!ありがとう〜!

やっと5時間のフライトを乗り越え、キューバはバラデロの到着。つわりと乗り物酔いと頭痛と寒さで、いきなり弱ってしまった私。休養が必要だ。。。風邪を引かないように気をつけなければ。
フライト中でもらったツーリストカードに記入し(記入を間違えて新しいカードをもらうことになると$16料金がかかるので慎重に書く)それとパスポートをイミグレで見せ、顔写真を取られてfinish。法律で旅行保険も入っていないと入国できないみたいなことがガイドブック書いてあったけど、その証明を見せろとは言われなかった。
頭痛薬飲む。

2週間分の費用の予算をカナダドルからCUCに両替する。カナダ国内ではCUCに換えられないので、みなキューバで換えることになる。空港、銀行、大きなホテル、両替え場で両替えできるが、レートや手数料はどこも同じと書いてあったので、空港で全部変えてしまうことに。2週間分なのでちょっと大金。お姉さんはその金額を2回数え直して私たちに渡してきた。信用できる顔。2回も数えたし。2回目数えているときは、私もがんばって一緒に心の中で数えていた。が!CUCは3CUC札というがあり、これが出てきたら、わからなくなってしまった!フェイント!3ドル札ってあんまないよね。この国にはあるのだ。超数えにくくない!?使うときは便利だが。
大金でも、時間がかかっても、うしろに人がたくさん並んでいても、その場でお姉さんの前で数え直せばよかった。。。というのは、信用してしまい、その場を離れ、あとで数えたら$45分(4000円相当)くらい足りなかったの。くやし〜〜〜〜!!!やられた?お姉さんが間違えたということもありえるけど、そっちが損があるようには間違えないんだよね。。。

1CUC=CAD$1=80円
(円高だから私の感覚では1CUC=CAD$1=100円)

キューバ人の平均収入は月1000円。
教師で月1800円。
医者で月2000円。
それでチップ100円ってどう考えても高いと思うんだけど、なぜかそういう相場。
観光業界で働いている人たちは懐暖かいそうです。

リゾートまでのバスは一人10CUC。
キューバはもともとチップの習慣はなかったが、西洋人がチップ習慣を広めてしまった。だから至る所で、チップ。1CUCコインはいくらあっても足りない。

私たちのホテルは一番近くて40分ぐらいで到着。
ホテルは大きかった。ホテル到着が8時過ぎだったので、急いで夕食。この近辺のリゾートホテルはどこも3食込みのホテルばかり。私たちのホテルはビュッフェ、メキシカン、イタリアンのレストランが中にあるが、ビュッフェ以外のレストランは数日前から予約を入れないと入れないらしい。だからビュッフェのレストランで夕食。閉まる直前だったので、急いで食べる。海鮮は白身魚2種類のみ。エビや貝類、サーモンなどはない。残念。でも白身魚美味しかった。妊婦だからお酒やコーヒーは飲まない。水も吐き気を促すときが多いので、どうしてもフルーツジュースかソフトドリンクになってしまう。フルーツジュースは体にいいし、好きなんだけど、やっぱりそればっかりは飽きる。いろいろ飲みたいなー。キューバだし〜!
レストランの食事は込みだけど、チップは置いてみた。チップはいつもお皿やグラスの下に隠すのが夫の趣味。
Buffet dinner

部屋に戻る。
蚊を3匹ぐらい見つけた。バス内の案内のお兄さんは蚊がほとんどいない!と自慢していたが、いるじゃん!
テレビを付けるとロシアや中国の番組が入っていて、共産国であるを思い出させる。でもアメリカのテレビも入っていて、「SEX&CITY 2」の映画などやっていた。

Tagged with: , , ,

1 / 212