ニュース / 話題

4年間ありがとうございました!

Posted on 3月 21, 2016 in ニュース / 話題 | 0 comments

夫がアルバータ大学でPhD取得するため、エドモントンで2011年の夏から2015年の夏まで、合計4年間過ごしました。

娘が生まれたというのが一番大きな思い出となりました。娘にとっては出生の場所なので、とても意味のある場所となりました。
日本、香港、と来て、3番目の故郷かな。
3ヶ月以上妊娠を経ての流産も2回。もう、つわり、まっぴらです。本当に苦しい、、、

冬はプラグを車に差し込んでエンジンが凍らないようにする!なんていうのも、聞いた事がなかったので、すごくびっくりしたエドモントン!ダイヤモンド・ダストを見れたり、氷イベントを見たり、キャンモアに行った際には凍った川を滑って遊んだり、カチンコチンに凍る場所でないと体験できないようなことがたくさん体験できたのが楽しかったです。

アルバータ州の州都なのに、日本領事館がカルガリーの方にあるエドモントン!

意外に美味しいレストランを見つけるのが難しいエドモントン!
エドモントンに来るとみんな料理がうまくなるって誰かが言っていました。うまくなりました!外が高くてまずいんじゃね。
オーブンとVitamixでレパートリーが増えました。

家から一歩出ると、りすやうさぎに出会え、ロッキーに行くとシカや熊に会える環境がとてもカナダっぽくてすごく好きです。

夫が学生だったこともあり、低所得者が受けられる国や州からの恩恵がかなり受けられて助かりました。特に出産後の子ども手当など。

とは言いつつも、予想外に高かったものがありました。それは、夫は海外が長すぎたために、車の保険が高かったこと。カナダの運転免許証を何十年も保持しているのに、です。日本だと無事故が長いとゴールド免許証がもらえ、保険が安くなるなどの恩恵があるじゃないですか。夫は免許取ってから何十年なのに、海外が長かったため、初心者と見なされ、保険に入っても一番高いプランで払わなくてはいけなかったのが痛かったです!(十年以上(だったかな?)国外に居て、保険に入っていないと、初心者に戻っちゃうらしいです。)

高いと言えば、あとは通信費です。私のはスマホではない普通の携帯でしたが、香港で払っていたのの、5倍払っていました。
その割に電波が悪くて、最初の2年間住んでいた半地下のアパートではあまり電波が届かず、意味なし!半地下がある家なんて無数にあるのだから、もう少し対策があってもいいのでは、と思うのですが〜。

となんだか、文句が多いですが、音楽関係では、コンサートに行けたのが、レナード・コーエン、ポール・マッカートニー、ルシンダ・ウイリアムス、トーレスト・マン・オン・アース、ポール・ケリーなどなど。それなりに都会なので、大物も来てくれました。

それから旅行も思ったよりたくさん行ってしまいました。

キューバ、ジャマイカ、ブラジル、フランス、メキシコ、日本、香港、ニューヨーク、バンクーバー(たくさん)、ソルト・スプリング・アイランド(3回)、ハイダグワイ、プリンス・エドワード・アイランド、ロサンゼルスなど。
ニューヨークは1ヶ月滞在で、それも車で行ったので、カナダとアメリカ横断しながら1ヶ月半の旅。走行距離は約13,000kmというすごい距離をカバーしてしまいました。とても楽しかったです。

人生の3大ストレスのうちの1つが引っ越しだと言いますが、この4年間で2回引っ越しをし、3カ所に住みました。とてもストレスでしたが、結果的にはいろんな大家さんを見て、いろんなエリアを見て、いろんな家を見て、勉強になりました。そして毎回、契約やら、所有物の見直しなど、面倒でしたが、これも結局勉強。
引っ越しの度、処分しなくてはいけないもの、買い足さなくてはいけない家具など出ました。詰めたり、運んだりもほとんど自分たちでやっていたので、時間も相当使いました。「引っ越し貧乏」という言葉は私たちにぴったり!それでなくても元々貧乏なんですから〜!

そして外せないのが、私の両親が私の出産時に2ヶ月間カナダに来てくれたこと。両親、初の海外!娘が海外暮らしがもう14年だというのに!笑。ま、親もいろいろと向こうの家族の世話があるので、今まで来られなかったのもわかるのですが〜。
とても有意義な時間が過ごせました。

そしてさらに、義母との1年間一緒に暮らしたこと。これも私にとっては初めてで、いろいろありましたが、よい思い出です。

私の仕事の面では、香港とは時差が14時間とかあり、電話連絡もままならない場所にいるのに、半分以上のクライアント様(ほとんど香港の方)が、私とのビジネス関係を続けてくれたのでもとてもうれしかったです。

あと、もう1つうれしかったのは、香港から友達が遊びに来てくれたことです。香港人のTさん。こんなところまで来てくれたのは、4年間でたった1人だけでした。遊びにきてくれて、本当にありがとう〜!

お友達にも恵まれ楽しい時を過ごすことができ、上々な4年間だったのではないでしょうか。こうまとめてみると、かなり充実の4年間でした。感謝、感謝!

これで、エドモントンの日記は一応終了になりますが、香港の日記も考えていますので、またそのときにはこちらでお知らせさせていたこうと思います。

今までこのブログに遊びに来ていただきまして、ありがとうございました!

 

 

ASKAさん、がんばって

Posted on 12月 7, 2014 in Chage & Aska, ニュース / 話題 | 0 comments

ASKAさん、覚せい剤だけでなく不倫も発覚。ショッキング過ぎる。これはファンは超動揺するわ。信じられない。というのが最初の感想。メディアの言うことは信じるのは半分にしておこうとは思うし、ホントのことは何もわからないんだから、ニュースからだけ判断したくはないという気持ち。それでも、連行されたときの映像はショッキングでした。ニュースのあんなシーンにASKAさんが映っているのは、絶対想像できなかったから。動揺しすぎて、夫にはこのニュースのこと言えませんでした。数週間後、夫が偶然日本語のニュースが流れているところに居合わせて、ASKAさんのニュースがまたやっていたところ見てしまい、「なんでASKAがニュースに?」と問われてしぶしぶ簡単に説明したのですが。
気遣ってか、友達も家族も誰もASKAさんの話題を私には振らなかったです。。。

それにしても突然見下したりバッシングしたりする人の多いこと、、、あなたはそんなに偉いんですか。。。と言いたくなります。
レコード会社は会社なりに社会に謝罪するつもりでCDなどの商品を全部販売を取りやめたようですが、それは違うと思います。ここまでがんばってきたASKAさんの功績は1回のこうした罪で帳消しにはなったりしません。どれだけASKAさんから感動をもらって恩恵を受けてきたか、長年のファンならその恩恵を忘れてはいけないと思うんです。人それぞれですけどね。

罪を憎んで人を憎まず。

覚せい剤はホントに怖いです。人を変えてしまいます。人格が変わって自分を見失うんです。自爆テロ的です。自分を見失い、周りの人に多大な心配や迷惑をかけてしまう。
どうにかその状態から抜け出て、カンバックして欲しい。活動を再開してくれればそれが一番うれしいですが、健康第一を願うばかり。
ASKAさんの恋愛はプライベートなことですから、私がとやかく言うこともないです。

人前で開いたスーツケース 惜しむな先を行け
(ASKAさんの歌詞↑)

と言った感じでしょうか(本来ASKAさんが歌詞の中で意味しているだろうこととちょっと違うんですが)。

とまあ、もう6ヶ月も経ってしまいましたが、私の気持ちはこんな感じです。

Tagged with:

Digital Box

Posted on 3月 5, 2013 in ニュース / 話題 | 0 comments

とうとうテレビのチャンネルが20チャンネルになってしまいました。今までは50ぐらいあったのに。。。

Shaw TVが配信を半分に減らしたらしいです。今までのように見たかったら、アップグレード版でカネを払って観なさい、と、まあそういうことらしいです。

前からテレビに忠告文が出ていたので、大家さんに聞いたら、より多くのチャンネルをより良いクオリティーで観たかったら、Digital Boxを買う必要があるけど、そうでなかったら無視してよいというので、無視していたんですが、ある日から半分観れなくなって、私たちのよく観るCNNとBBCも観れなくなってしまいました!
そのおかげで今はカナダのニュース番組を観るようになりましたが・・・。

で、大家さんの言っていたことが違っていたので、再度聞いたら(自分で調べろ?)、半分になって残念だけど、今までのものを観るにはカネがかかり、うちは買う気はない、とのこと。CNNなどはネットで観れるから観たいときとはそれで観る、とかおっしゃっていました。あ〜、そうですか〜。大家さんちはパソコンとケーブルでつないで、テレビでネットのニュースを観るそうです。あー、それ面倒くさい。

私的には近すぎるパソコン画面から離れて休憩として、食事中の暇なときに世間のメイン・ストリームなニュースをちらっと観るのがいいので、パソコン画面で観たいとはあまり思わない。ま、慣れれば、それでもいいのかもしれないけど〜。テレビにつなぐにも専用のコードが必要みたいだし。

ちなみに大家さんが言うには、Digital Boxは購入が$118かかり、自分で設置可能。レンタルで3年〜の契約も可能でその場合は月々$4。x 3年で、やっぱり$150とかかかる。

引っ越す予定もあるので、とりえあえずなしでガマンする予定。

http://bc.ctvnews.ca/digital-conversion-causing-shaw-confusion-1.689935
ここの記事を見ると、政府からの要請なので、どのチャンネル配信会社もアナログからデジタルにしなくてはいけないらしいけど、Shaw TVはShawのアップグレードも同時に行っているから、チャンネルが減るという事態が起きているらしい。衛生やTelus TVでも、アナログからデジタルに変更になっているけど、チャンネル数が減ったりはしていないらしい。
チェッ、Shawだけか、、、

Shaw TVで観ているみんなは、Digital Box買ったのかな?

Tagged with:

Ice on Whyte 2013

Posted on 2月 23, 2013 in ニュース / 話題 | 0 comments

2月1日

まずは腹ごしらえ。IHOPでランチにオムレツとブルーベリーパンケーキを食べてしまいました!
IHOP

個人のアーティストが展示の場を設けたくて2003年から始まった氷彫刻のコンペ、Ice on Whyteを見に行きました。
去年も見たので、今年は2回目。去年は入場料いくらだったか忘れましたが、今年は$5でした。内容的には、去年よりちょっと作品数が少ない感じがしました。彫刻アーティストもいろいろ世界中で行われる氷のコンペのどれに出るか、そしてスケジュール的なものもあり?その年によって、ムラがあるのかもしれないですね。

数日間、-25度ぐらいの冷え込みだったので、溶ける心配はないけど、みんな、なかなか出かけないですよね、そんな寒さじゃ?この日はちょっと気温が上がって昼間は-2度ぐらいだったと思います。その次の日の予想もゼロ度前後で、かなり溶けたのではないでしょうか。私たちが見ている目の前でも、作品の一部が溶けていたり、ガシャンと落ちてしまったり。。。

ICE on WHYTE  ICE on WHYTE

ICE on WHYTE ICE on WHYTE ICE on WHYTE

ICE on WHYTE

↓こちらの”Chase”という作品は残念ながらシカの方が落ちて壊れてしまっていました。

ICE on WHYTE

↓こちらが元の図。


オフィシャルサイトから画像はお借りました。とってもきれい。

Feb 1 was a Dutch Day at this event

↑この日はイベントとして「オランダの日」だったらしく、オランダの彫刻家がオランダの有名人?政治家?を雪で彫刻していました。

ICE on WHYTE ICE on WHYTE

ICE on WHYTE ICE on WHYTE

Feb 1 was a Dutch Day at this event ICE on WHYTE

ICE on WHYTE ICE on WHYTE

ICE on WHYTE

 

Tagged with: , ,

粋な寄付

Posted on 11月 9, 2012 in ニュース / 話題 | 0 comments

ファリード・ザカリア (Fareed Rafiq Zakaria) 氏は洞察力、客観性、公平さ、目の付け所に優れたジャーナリストで尊敬しています。彼の記事はFacebookでも購読していますが、それぞれの記事が長い。なので、あまり全部読むことはしないのですが、今日、目に止まった話はとてもいい話なので、FBでシェアだけではなくて、ブログにもメモっておこうと思います。

世界でも文盲率が高いエチオピア。ある村では誰も読み書きができません。その村に、子ども人数分のラップトップ(タブレット?)を寄付した人がいましたとさ。文字は読めないので、説明書などもなしで、ただ置いて行っただけ。ラップトップには文字関連のアプリがたくさん入っています。1人の男の子が4分でオン・オフのスイッチを見つけました。数日後には、それぞれの子が50ものアプリを使いこないしていましたとさ!

寄付したのは、ニコラス・ネグロポンテ (Nicholas Negroponte) 氏
子どもの潜在能力を最大限に引き出し、子どもがまさにスポンジのように学習できてしまうことが可能だということを私たちに再認識させてくれた、すばらしい寄付でした!

Tagged with: , ,

1 / 3123