Cuba

キューバ旅行 11 (ハバナ)

Posted on 2月 25, 2012 in Cuba | 0 comments

2012年1月1日。
あけましてめでとうございます!今年もすばらしい年にしていきましょう!

おいしい朝食を食べたあとは、滞在中のホテル(アンボスムンドス)のヘミングウェイが長期滞在していた部屋を見に行きました。観覧は宿泊客は無料、訪問者は2CUCだったと思います。小さな博物館になっています。行くと私たちが滞在した部屋の斜め上でした。おじさんがいて、展示物について説明してくれます。キューバ旅行2週間の旅で、最終日にして、このおじさんが初めてチップを拒みました。こっちが驚きます。一瞬にして誠実な人に見えます。プッシュしてやっと受け取ってくれましたが。
元々記者だったヘミングウェイの文章は、元記者らしい淡々とした文面らしい(夫談)。私はと言えば読んだことないですね〜。釣りや狩り、ボクシングが好きで、趣味関係のものも展示されていました。写真の展示はこの部屋だけではなく、ホテルのロビーにも大きく引き延ばしたものがたくさん飾ってあります。
Hemingway\'s room @ Ambos Mundos Hemingway\'s room @ Ambos Mundos
Hemingway\'s room @ Ambos Mundos Hemingway\'s room @ Ambos Mundos

街へ出て、5CUCで1日乗ったり降りたり自由乗車できるバスで市内観光。
Streets in Havana
海岸沿いを走ったあとは、革命広場へ。ここはこの間通って写真を撮ったので2回目だけど、天気もいいし近くで写真が撮れたのでよかった。内務省の建物の壁だそうです。
Che Guevara Hop-in- hop-out city bus tour
古くて広ーいコロン墓地やハバナ大学も通り、時間があったら見たかった二群スポットがいくつか見れました。通り過ぎるだけなので、ちょっと物足りないけれど、時間がないので仕方がないです。
University of Havana Colon Cemetery
↑ハバナ大学とコロン墓地の門

天気もいいし、ほかの観光スポットは閉まっているところが多いということで、この日はバスは観光客でいっぱい。二階席は満席。なので空いているところに私と夫は別々に座っていたんですが、私のとなりの人がたばこを吸い始めました。。。うわ〜ホントですか〜。なぜ私の隣の人が吸うんですか〜。やはり私は煙に好かれているようで。バスの1階には禁煙マークがあったので、夫が注意してくれたんですが、2階はいいんじゃないの?と素直に止めてくれないので、「妻はタバコアレルギーなんです」って言ったら止めてくれた!「タバコ・アレルギー」様様!それいいじゃん!!「タバコの煙が嫌い」だけじゃなかなか言いづらいし、説得力に欠ける。まあ、説得しなくちゃいけないというのは筋が違いますけどね。有無を言わさず止めていただくには、「タバコ・アレルギー」だと言えばいいのか!今日から私タバコアレルギーです、よろしくお願いします!
Veggie sandwich with more veggiesタバコの煙は不快感100%なだけではなく、喉が痛くなるのですよ。調子が悪いときはそれが高じて風邪引いたりするのですよ。それはアレルギーと呼べますね。免疫がないんですね。
よろしくお願いします。

バスから降りて昼食。今日も別のホテルのカフェにて。通り沿いのにぎやかなカフェ。人ウォッチングも楽しい。

午後は散歩。明日のフライトで気持ち悪くなったら食べる用にスナックを購入(食べているとつわりの気持ち悪さが和らぐので)。梅干しはまだあったけど、相当食べ過ぎて飽きて、前より効かなくなったので、ほかの食べ物が必要になったのでした。カールのチーズ味のようなスナックを2袋買って、1袋(すでに)開けて歩きながら食べていました。で、少年たちが道路脇でボール蹴りをして遊んでいたんだけど、彼らの写真を遠目に撮っていたら、Streets in old Havana近寄って来て、$*^%&(&*&^$%#!! と言って、私のスナックを袋ごと奪って行きました〜〜!予想では「僕たちの写真撮ったでしょ!写真代ね!」と言って奪って行ったように思われます。ごめん、ほとんど食べ尽してしまっていたスナック。あげることになっていたら、もう少し残しておいたんだけど。あんまり入っていなくてごめんね〜。
食料は配給制のこの国。ジャンクフードはすごく贅沢なのだと思う。

それからケーキ屋さんへ行きました。どんだけ食べるんだか。
入ってみると、元日だからか?ケーキが入っているはずのカウンターショーケースにはワインボトルが入っていました。半分休みなのか、店のテーマが変わってしまったのか?でもケーキはあるというので、座ってケーキを注文しました。チョコレートケーキとミルフィーユみたいなのを注文。ちゃんとした良い味!ここのカフェは満足でした〜!食事のお客さんじゃないと窓側席には座らせてもらえないようです。
@ Cafe del Oriente @ Cafe del Oriente

旅も終盤。ヘミングウェイがよく寄ったというバーで、ビール。私はパス。あまり飲まないので。
Dos Hermanos Russian church
そしてロシア教会。見るとわかるね、ロシアの教会。かわいい〜。雪が積もるともっと絵になる感じ。
ホテルに戻るとメッセージカードとベッドのアートワーク。これはチップがあるとやってくれるのかな、やっぱり。毎回凝ったお仕事してくれます♪
Pretty cards from house-keepers1回置くと次置かないわけにはいかず、毎日置いていました。最後は、カナダのトイレットペーパーロールも置いて行きました!喜んでくれるかな?
というのは、ガイドブックにキューバは紙が不足していて、トイレットペーパーも足りない。持って行った方が賢明と書いてあったので、2ロールも持って行ったんだけど、全然使わず。普通のティッシュもけっこう持って行っていたので、それで全然足りてしまいました。なので、置いて行くことにしたのでした。トイレットペーパーをチップの一部として置いて行く客はいないよね。面白がってくれるといいんだけど。カナダの柔らか重視のトイレットペーパーだよー♪
  Artistic beds

夜はまたチープなCafe Santo Domingoにお世話になることに。バジェット調節にいいわ、このレストラン。
次の日の朝もランチ用のサンドイッチを作ってもらいに来ました。

1月2日。帰る日。
最後のもう1回、チョコレートのお店へ。なごりおしいな〜。@ Museo del Chocolate
Last visiting Museo del Chocolate

Streets in old Havana Streets in old HavanaHotel Ambos Mundos Cuban flags

10CUCかけてバスターミナルに行くのだけど、街を通って空港(バラデロ空港)へ行くので、物理的にはまた戻って来て、さっきサヨナラを言ったのに、ハローagain!ってあれ、んにゃ〜〜?という心境になります(チケット買いにも往復しているので〜)。まぁ、そのおかげでバスの窓から違う景色も見れたので良しとします。

日本や香港からだとすごく遠いイメージだったキューバに来てみてわかったのは、やはり私は知らないことだらけ、ということ。固まりかけているオツムに良い刺激になりました。自分の常識だけがすべてではないことがよーくわかる旅。社会主義国もいくつか訪れてみて感じるのは、同じ社会主義でも国それぞれなんだということ。ま、そりゃそうですよね。資本主義でもいろいろですから。でも自分が体験したことのない社会主義のシステムでの生活の様子は想像すれば想像するほどいろいろな疑問が出てきて、誰かに聞きたくなります。
そしてチェゲバラを通して革命の流れを知ることができたのも、とても面白かったです。
また、キューバは音楽を楽しみたい人にはもってこいの観光地だと思いました。レベルが高くてびっくり!
食べ物ではロブスターが最高です。

アメリカとは外交断絶状態なので、直接飛んでいるフライトはありません。ゆえにアメリカ人の観光客はすごく少ないです。ビザも要るんでしょうね、きっと。対岸はフロリダなのにもったいないですね〜。カナダからは直通がいくつもありカナダ人は多いです。あとヨーロッパからの観光客。外国人通貨と現地通貨があり、このシステムがクセモノです。それによりモノやサービスの値段も全然違うので、それにより、現地キューバ人と観光客が交わりにくいのは残念です。レストランやバスでは完全に別々。

オフシーズンは航空費やホテルがかなり安くなるので、そういうときにまた来たいな。

Tagged with: , ,

キューバ旅行 10 (ハバナ)

Posted on 2月 21, 2012 in Cuba | 0 comments

2011年12月31日。大晦日。
様子が違うといえば、レストランメニューが特別セットメニューになり、予約が必要になる。そして、街はいろいろと催し物があるのか、にぎやかで人でも多いかな。
1月1日が休業のところが多いので、どうしても行っておきたいところへは今日中に行っておいたほうがいい。でも1日にどこが閉まっているのか分からないので、ツーリスト・オフィスに聞きに行くところからスタート。

途中、香水のお店を通りかかる。香水の容器がいろいろあってとてもかわいい。好きな香水を選んだり、ミックスしてもらって自分のオリジナルも作れる、とのこと。1つ購入してみました。飛行機に乗っても漏れないようにしっかり密閉してくれました。なので帰るまで使えないけど、仕方ないか。。。
Perfumeria Habana 1791
Perfumeria Habana 1791

行こうと思っていた混んでいるカフェCafe el Escarial。朝食食べたばかりだけど、パイとレモネード試してみる。このレモンパイ、色も面白くてけっこう美味しそうに見えるんだけど、砂糖入れるの忘れた?ってくらい全然甘くなくて、フェイント。でもすごく安かったから文句はなし。
Cafe el Escarial Lemon Pie
Plaza Vieja
キューバのチンドン屋?このビエハ広場からスタートで、マーチングバンドと一緒に街を徘徊していました。
天気がよくて暑い日になりました。

 

 

ヘミングウェイがよく通ったバー。
@ Floridita Floridita
と、なんちゃってヘミングウェイ。

タクシーを捕まえて5分、川の向こうのカバーニャ要塞へ。
Fortaleza de San Carlos de la Cabaña Fortaleza de San Carlos de la Cabaña
Cabaña fortress Cabaña fortress
敷地はすごく広く、中には古本屋、レストラン、チェゲバラの博物館、ちょっとしたイベント会場などがある。夜は毎晩大砲の儀式が行われているらしく、夜景をも見がてら訪れるのもいいみたい。見たら夜の入場券の方が高かった。
ランチのシーフード・スパゲティと、チェゲバラのオフィス。↓
Pizzeria inside the fortress Guevara\'s office
Che Guevara museum Che Guevara museum

カバーニャ要塞から歩いていける距離に「第一ゲバラ邸宅」というのがあり、行ってみた。邸宅というかオフィスとして使っていた様子。外から見るとレストランみたい(笑)。玄関のCheは後付けだろうね。
Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña  Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña
Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña
Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña
Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña

Cristo is under construction今工事中の巨大なキリスト像は、ゲバラがオフィスをここに構える前からあったらしい。

New Year Festival

あまり人もいなくてタクシー捕まえるの難しそうだなーと思っていたところへちょうどやってきてラッキー。ホテルまで帰りました。

ちょっと横になって休むけど、なんてたって大晦日。街がなかなか寝かせてくれません・・・。

予約しておいたレストランはLa Mina。
セットディナーに、海老カクテルとセビッチェ頼んでしまって頼み過ぎ。。。
Shrimp cocktail Seviche
Lobster! @ La Mina
@ La Mina
音楽もよかった。フルートがいるなんて、珍し。音に幅が出ていいね。

大晦日だったので、夫はどこかに飲みに行きたかったらしいけど、私が具合悪くて寝たくて、悪いけど一緒に帰ってもらいました。

2011年は10年以上住んだ香港を離れてカナダに引っ越した変化の年。仕事面でも新しいこと始めたし、妊娠もして、変化の年(妊娠はだめになってしまったけど)、充実の年でした。
夫が学生になり旅行もしばらく行けないと思ってたのに、キューバに来ちゃったし、もうホントにしばらく旅行行けない。がんばらねば。

Tagged with: , , , ,

キューバ旅行 9 (ハバナ)

Posted on 2月 18, 2012 in Cuba, レストラン/カフェ | 0 comments

ハバナ2日目。
この日も街を散歩だけど、オールドタウンの外を回ることに。
隣のベーカリーの品揃えを覗いてみると、結構美味しそう。1つ20円とかそういう値段。朝食食べたばっかりなのに、夫はクリームパン買って食べていました。私も普段だったら食べているところだけど、パス。
Cafe Santo Domingo Cafe Santo Domingo

旧国会議事堂の裏に葉巻工場。1つ1つ手作業で作られているらしい。夫は普段たばこなんか吸わないけど、吸えないこともないみたい。せっかくだからと買っています。よく見ると箱やケースも素敵なのがある。お金持ちの一種の楽しみというかステータスなんでしょうね。
Cigar shop  Cigar shop
Cigar shop私はあまり興味はないので、工場の土産屋さんの奥にあるカフェでカフェオレ。期待していなかったけど、これが美味しかった!妊婦だからほとんどコーヒーもパスしていたんだけど、たまにはいいかと、ね。さすが金持ちの工場はコーヒーマシーンで作ったコーヒーはいいものだ。
街でも観光客に葉巻を売っている人たちがいるけど、あれは本物ではないらしい。工場の直営店が売っているのが信用できるので、観光客も多くがこういうところに来て買うみたい。
たばこもシガーも、百害あって一利なし!そして百害を周囲にも振りまかないこと!それだけお願いね〜。

Capitolio Nacional Streets in Havana
古い町並みも味があっていい。たくさん散歩して、ランチはチャイナタウンで。昔はそれでも中国人がいたらしいけど、今や「中国人がいないチャイナタウン」とちょっと小馬鹿にされたニュアンスで呼ばれているエリア。キューバ人がチャイナ服来て、サーブしています。

こちらのブログで美味しそうな中華の店があったので、そこを目指して行きました。
この日の午前中は2組のカップルが私たちに話しかけて来て、ちょっと不思議な気持ちでした。なんだかフレンドリーだなー、と。都会でフレンドリーって怪しいじゃないですかぁ。ちょっと話してみて私たちが彼らの目に格好のえじきに写ったのか、いやただハローと言いたかったのか、でも結局諦めたのか、なんなのかわからなかったけど、特に被害には遇わなかった。葉巻もう買った?とは聞かれたけど、もう買ったので打破?イベントに一緒に行こうとは言われたけど、これからランチだったし、行きたいところがあるからと言って、これも打破?とにかく、私はちょっと怪しいと思ったけど、夫はフレンドリーだなーと思っただけだったみたい。で、3組目のカップルが話しかけてきました。チャイナタウン目の前にして話しかけれて、目の前のレストランに連れて行かれたー!夫がこのカップルとおしゃべりを楽しみたいのなら仕方がないか。。。と思いながらも私の心はガードバリバリ。新年のパーティー準備している感じのレストラン。バンドもリハーサルなのか、本番なのか、あまりお客はいないけど生演奏している。
Mojito (is it really?)「ここの食事は美味しいんだよ、なにか頼みなよ」とかカップルが言っているんだけど、私と夫は行きたいレストランがあるので、食事は頼まない。「じゃとりあえず飲み物?」私はこれから別のレストラン行くのでぇ〜!飲み物も頼みたくないと夫に言い、結局3つモヒート頼んでました。もちろん、うちのおごりでね。モヒートなどのソフトアルコールの相場は$2~3。出て来たのはさ、緑の飲み物で生ミントとか入っていない、今まで見たモヒートの中では一番安っぽいモヒート。とりあえずちょっとおしゃべり。カップルの男の人がしばし消える。トイレ?私も話は合わせて受け答えしたり笑ったりしているけど、積極的には話せない、、、やっぱり疑っているから。。。子供がいて明日は誕生日なんだそうだ。私も妊娠していると言ったら、「おめでと、子供はかわいいよ〜。楽しみだね」とか。そういう会話はよかったんだけど、お金がかかって大変でという話になり、金銭的援助してくれないかという話になったみたい。ここで夫もやっと、そういうことか、と分かったみたい。とりあえず飲み物おごってちょっとおしゃべりしたので、さあ行こうかと。お会計。となったら、$18。明らかに高すぎる。私たちも注文前に値段を確認しなかったのが悪いけど、相場の倍の値段なので、夫が一応怒りをあらわにした。そのカップルを軽く罵って(「ひどいよ、不愉快だ!」と)後にし、マネージャーを出せ、と。夫とマネージャーが折り合っている中、私は近くにあったメニューを拝見。モヒートはさてさておくらでしょうか。$3な〜り。$3×3で$9のはず。それが$18。カップルの男の方は、さっき消えたときにマネージャーと話して、客連れて来てやったんだから、倍の請求して半分ちょうだいね、という話にしたのだろう。残念でしたね、私たち全然注文しないし、最後にうるさいクレーマーになってしまって、計算違いでしたね。新年パーティーだから値段がいつものと違うんだ、とか言い訳していたけど、パーティーだと値段が倍になるんですか〜?それはどこに注意書きがしてありますか?そんなことどこにも書いてないし、言われてないですね、どうなんですか〜?全くもう、私たちをだまそうと思ったらただじゃ済まさないぞ!メニューに書いてあるとおりの金額で落ち着いた。すると、問題はなかったことを確認する紙にサインしてと言われていた。えっ、すごい恐れている??私たちが市の観光課とかにこの店のクレームを出したりしたら、すごいペナルティーが課されたりするのかも。

ムカムカしている夫。思い返してドキドキしている妻。
とりあえずめしだ。落ち着こう。
だまされたとしてもたった1000円のだましなんだけど、そこに陥ったことが嫌だよね。
疑い続ける緊張というのは嫌なもの。信頼してもいいと思うんだけど、注文する前に値段を必ず聞くとかね、基本を抑えておけば。
旅慣れしている自負があってもときどきリマインドのようにちょこっと被害に遇う。大きい被害でなくて私たちはラッキーなのだ。

100mほどのチャイナタウン!?行きたいレストランはすぐに見つかった。ウィエトレス、ウェイターさん、フレンドリー、アンド、かわいい。メニューもたくさん種類があってうれしい。このブログで紹介されている担々麺が食べたかったけど、ポークが入っているのでやめて、違うのを頼みました。香港にはそぼろなしのピーナツソースだけの担々麺というのが時々あったので、それだったらいいなーと思っていたんだけど、違った。残念。
このブログにも書いてあるんだけど、この天壇というレストランのシェフは上海人らしい。でも、確認することができなかった、とあったので!確認しました。頼んで出て来てもらいました!笑
The only Chinese person in Chinatown!? Restaurant Tien Tan Restaurant Tien Tan
中華だからやっぱり少し油っぽいけど、でも確かに中華だったからすごくうれしかった!アジアの味がないキューバではすごく希少価値!ほっとする。キューバの食事はやっぱりあまり競争したりニーズを追求したりしないからか、なんとなく刺激がない。スペインの味とロブスターはそれなりに美味しいけど、グルメの人が喜ぶ食事は少ないと思います。

Coco taxi (3 wheels)この日はココタクシー(ココナッツの形という意味の「ココ」で、丸い3輪タクシー)で、バスチケット買いに。往復$20もかかちゃったよ。でも途中革命広場を通りかかり停まってもらったので、それはよかった。
内務省の壁にチェゲバラ。夜、ライトアップされたのも見てみたかったけど、それは叶いませんでした。そして最近できたらしいカミーロ。

Che Guevara @ Plaza de la Revolución Che Guevara and Camilo @ Plaza de la Revolución

再度街まで戻って散歩続行。海沿いを歩いてみる。途中シャーベットのようなレモネードを飲んだけどすぐに溶けた。けっこう暑い。
Streets in Havana Smoking
そんな太陽が照る中、3〜4kmは歩いたかな。かなり歩いた。でも海沿いの景色はやっぱりいいね。夫はシガーをふかしながら。。。
なぜかやっぱり煙が私の方に来る!!私は煙に好かれているようで困る。離れて歩いてもらう。。。

ナショナル・デ・キューバというホテルを見学。こんな歴史が
Hotel Nacional de Cuba Hotel Nacional de Cuba
革命が乗っ取るまで、有名人や金持ちマフィアもたくさん来た超高級ホテルだったみたい。このホテルのページ、勝新太郎の画像まであるアルヨ。うんうん、そういう雰囲気。やくざとか遊び人が来そうなところ。ところで彼はヘミングウェイにちょっと似ているね。ヘミングウェイは小説家の割にはマッチョ意識しているところがあるのだ。そういうところも似てる。
ここまで来て2人とも疲れたので、タクシーで戻り、でも散歩続行で暗くなるまでブラブラ写真を撮り。全然飽きない。
Spaghetti and tuna sandwich Cuban coke
Cake @ Cafe Santo Domingo Cuban night
予算オーバーが続いているので、この日は数ドルでパスタとサンドイッチの夕食。パスタはこだわりないみたいでどこで食べても茹ですぎのパスタ。でも私もこだわらないので、大丈夫。チーズたっぷりでそれなりに食べれます。
そしてまだ飲んでいなかったキューバのコーラ。感想は、アメリカのコーラと同じ!以上!
夫は夜も遊びたいみたいんだけど、私はここずっと夜は具合悪いので、ごめん!と言ってすぐに寝る。クリスマスもニューイヤーも盛り上がりに欠けちゃってごめんね〜。

Tagged with: ,

キューバ旅行 8 (ハバナ)

Posted on 2月 15, 2012 in Cuba | 2 comments

12月28日
もう日が沈んで来た。ハバナに到着。
バスターミナルから街までタクシーで約15分。
タクシーに乗る前に、4日後にバラデロへ帰るバスチケットを購入しておこうとカウンターへ行くが先3日分しかチケットは売らないらしく、買いたいチケットが買えなかった。当日そのときに購入を試みるのでは売り切れのリスクもあるので、前もって買っておきたいが街から離れているのが不便だ(のちに街のホテルや旅行エージェントで聞くがやはりバスターミナルでなくてはバスチケットが買えないらしい)。
仕方がない。
タクシーという表示のない、正規でないタクシーしかなかったので、それに乗ってみる。ガイドブックに書いてあった相場より数ドル安く乗れた!ヤッタ!
ホテル・アンボスムンドスはなかなか老舗っぽい雰囲気が漂っていてよい。アメリカで人気が出過ぎたヘミングウェイはこのホテルを住処にして本を書いたそうな。彼が滞在していた部屋は小博物館になっているそうなので、後日チェック。

とりあえず夕食へ。ホテルの隣あたりにベーカリーがあり、そこが安いらしいので、そこで夕食。ピザとドリンクで2人で5CUC。値段なりに単純なピザだったけど、この値段ならグー!私、具合悪くてあまり食べる気もなかったし。笑顔も引きつっている・・・。イイネ、男の人はつわりなくって。@ Cafe Santo Domingo
Cafe Santo Domingo Cafe Santo Domingo
Cafe Santo Domingo

Museo del Chocolateそのあと、オールド・ハバナを散歩。
行こうと思っていたチョコレートのお店が近くてまだ開いていた。気持ち悪いし、今夜はパス〜と思ったけど、夫が入りたいというので、入った。ホットチョコレートたったの50円。具合悪いのは、口に何も入っていないときだけ。一口飲んでみると美味しくってホッとする。具合悪いのを忘れる。なんだか都合のよい具合なんだけど、そうなんだから仕方がない。でも飲み終わっちゃうとまた具合悪くなるっていう。。。@ Museo del Chocolate

Arrived at Havanaホテルのエレベーターは古いスタイルで、手動でドアを開け閉め。
部屋は壁の中が水漏れしているらしい。香港で最後に住んだアパートの壁と見た目が同じだから、きっとそうだろう。だから壁があまりきれいではない。
そしてバスルームには「お湯は50℃前後。暑いので気をつけて」と書いてある割には、すっごぬるい〜〜。一番熱いお湯が出る状態でお湯貯めて浸かったけど、すぐに体温と同じか以下になってしまって冷えるのですぐに上がった。意味なし〜。
チャンネルはFOX newsがあり、夫は久しぶりだ〜!と言ってずっと見ていました。アメリカの保守党は嫌いなんだけどニュースを見るのは面白いらしい。怖いもの見たさ?敵の言動を観察?
私はさっさと寝ます。

 

12月29日
Breakfast of Ambos Mundos朝食は6階の屋上レストランにて。なかなか壮快!前日キューバの南側から来て、やっぱり北は涼しいと感じる。朝、夜はちょっと肌寒い。朝食はビュッフェで満足。

この日は1日オールド・ハバナ(ホテル周辺)を散策。ヨーロッパみたいな町並みで歩くだけでも楽しい。床屋を通りかかり、夫が髪切ることに。$5。アルマス広場では古本市場のように出店がたくさん出ている。ポスターや切手、シルバージュエリーなども観光客の目を楽しませている。
昔のキューバの典型的な女性の格好(カーニバルみたい)をしている女性たちも時々歩いており、一緒に写真を撮ると$1。3人女性がいたんだけど、小銭がなくなってしまって$1しかないというと、3人のうち2人は先を行き始め、一人の人が写真につき合ってくれた。男性が一緒に写真と撮る場合は「キス」らしい。すごい音を立ててキスするのね。ジュジュー!って音してたよ。そのあと、ほかの男性が一緒に写真撮ってて、やっぱり左右の頬にキスされてて、音が大きいから何の音だ?って思わず見ちゃうの。笑
Hair cut! Book market
A *Kiss* From an old-fashioned stereotypical Cuban lady Fake police man

Floriditaというヘミングウェーがよく行ったバーがあるんだけど、そこで軽食ありそうだったので、そこでランチにしようと思って行ってみたんだけど、昼からみんなよく酒飲むね。生演奏もあって楽しそうだったけど、たばこの煙もすごくて、すぐに退散。。。香港とか北米のバーって昼間けっこうちゃんとしたバーガーやサンドイッチ出すところがあると思うんだけど、ここは昼間からいかにも「バー」だった。
その周辺でレストラン探したけどよさそうなのがなくて、近くのパーク・セントラルというホテルのラウンジカフェでランチにした。もう2時ぐらいでお腹が空いている。
Ceviche @ Parque Central Seasar salad @ Parque Central
シーザーサラダとセビッチェ頼んだけど、全然来ない。40分ぐらい待ってやっと来たけど、セビッチェ小さくて5秒ぐらいで食べちゃったよ。3口?ウェイトレスさんが「そんなにお腹空いていたの?」って笑っていたので、私たちも笑ったけど、心の中では笑えない。早く次もお願い。お腹満たされてない。やっと次が来ました。シーザーサラダ。こんな簡単な感じのサラダだけど時間だけはかかったのね。レタスの上にドバーっと濃厚なドレッシングがかかっている。一口食べる。まずい。食べ始めてみると、待てよ、チキンがドレッシングの下に完全に隠れている〜〜!チキン頼んでないし、メニューにも書いてなかったよ。普通の「シーザーサラダ」って乗っているとしてもトッピング用のくだいたカリカリベーコン少量くらい。それ以外は、ちゃんと「チキン・シーザーサラダ」とか書いておくのが普通です。「カレー」頼んだら「海老フライカレー」が出て来たのと同じぐらいびっくりしました。チキンが70%ぐらい占めているけど、チキンを食べない私たちにどうしろと?ホテルの食事だからそれなりのお値段。時間も長く待っただけに、裏切られた気分。さっさと出る。
革命博物館へ行ってみる。キューバ革命の携わった人たちの資料がある。建物は昔大統領官邸に使われていただけあって立派で美しい。
Museo de la Revolution Museo de la Revolution Museo de la Revolution

オールドタウンの北側の海沿いを歩いていると漢字が目に飛び込んで来た。中国語?日本語?よく見ると仙台ほにゃららと書いてある。日本語だ。ちょっとした庭の中に銅像がある。見ると支倉常長という人。
支倉常長の像 支倉常長の像
私は知らなくて夫に説明してあげられない悪い日本人。。。でもちゃんとガイドブックに書いてあったので、それ読んで教えてあげました。ガイド様様。
昔、欧州交易の活路を求めていた伊達政宗に送り出された人らしいです。メキシコ経由でスペインへ行ったそうです。400年ぐらい前の話です。
で、どうしてここに像があるかというと、スペインに行く途中1614年に立ち寄って6日間滞在したそうです。

Havana Club In front of Havana Club
ラム酒博物館へ行ってみました。だけど今週はずっと閉まっているようで店しか開いていない様子。残念。関税なしで一人2本まで国外へ持ち帰れるらしいので、夫はここで2本購入しました。私は妊婦だし興味なし。実は私ラム&コークは好きなんだけどね。コーラってほとんど飲まないんだけど、ラムを入れると、あら、どうしたことでしょ、美味しい大人の飲み物になってしまうんですねー。不思議ですねー。美味しいんですねーー。
で、ハバナクラブだけでも何種類かあって、ソフトドリンクと混ぜる用のラム(ちょっと安い)と、そのままロックで飲むのに美味しいラムとあるようですね。全然詳しくないので知りませんでしたが、夫はこれを機会にいろいろ飲んだり聞いたりして味を比べていました。

夜はパエリアのレストランへ。
英語でパエリアはPaella。スペイン語の発音でなんて発音するのか知りたい。どうしたら「パエリア」になるんでしょうね、「パエラ」じゃないの?「リ」って読めないよね?
キューバでパエリアが一番美味しい店らしいです。賞を取ったとか。
うん、すごく美味しかったけど、2人分のパエリアで$30ってけっこう高いと思いました。賞を取ったからこそ付けられる値段!?デザートも美味しくて満足でした。生演奏の方々のCDも購入しちゃって、また予算オーバーです。
でもこれらのCD。帰ってから聞いてみて、クオリティーの高さに驚き、買ってよかったと感じます。$10だし、そのとき食事としての予算はオーバーでも、いいお土産と思えばお得感アリ。
Salad and bread Award-winning paella
La Paella Nice music @ La Paella

Tagged with: , ,

キューバ旅行 7 (シェンフエゴス)

Posted on 2月 11, 2012 in Cuba | 0 comments

2011年12月27日

宿はフリオの宿より安いOlga & Eugenioという宿。オーナーは片言日本語をしゃべる。日本語のガイドブックにも載っているのかな。日本人や韓国人が時々泊まってくれると言っていた。
宿に着くともう3時。レストラン探しがてら散歩。メインストリートへ。With Benny Moré With Benny Moré
この街出身の有名なミュージシャンBenny Moréの肖像。
Benny Moréにちなんだアートやレストランがあちらこちらにあった。
Benny Moré Cafe Streets in Cienfuegos

メインストリートは広々。歩道は屋根があって歩きやすい。フランス建築の街だそうだ。道ばたの安いピザでもいいかと思ったけど、ちょうど売り切れだった。待つのが嫌でまた歩き続ける。込んでいるファストフードか、チキンばかりのレストラン。または変な時間なため閉まっているレストランも多い。う〜〜ん。腹が減っては戦(散歩)ができない!というわけで、夫は馬車を捕まえて、どこでもいいからSeafoodレストラン連れて行ってと頼む。スペイン語で「魚」と言っても通じず、「マリーン」と言ったら、ヨットクラブに連れて行かれた。苦笑
Streets in Cienguegos Yacht club
連れて行ってくれた馬ちゃん、よく見ると腰骨の辺りが擦れて血がにじんでいる。ちょっと!どういう扱いしているの!こういうの一番気分悪い。スペイン語で「どうしたの?」と言えないのだけど、指摘すると、何言っているかよくわからないけど、批判と受け取ったのだろう、自己防衛の言い訳っぽい口調。傷口にせめてベルトや縄が当たらないようにしてやるとかしてほしいもの。その日その日で馬車をレンタルして仕事しているのかもしれないので、彼が馬の持ち主でない可能性もあるのだけど、動物が怪我しているのを見るのは嫌な気分だと観光客じゃなくても誰でも思うでしょう。
ヨットクラブ到着。。。
一応バーみたいなところがあるので、座ってメニューを頼む。周りはみんなビール飲んでいる。
メニュー持ってくる気ないのか。全然来ない。もう4時近いし。ランチディナーになっちゃうな、こりゃ。
どんどん気が短くなってきている夫。違うところに行くと言って外に出る。あまり人通りもないがリキシャ(三輪自転車)が通りかかる。よかった。レストランどっかない?と聞き、連れて行ってもらう。このリキシャのお兄さん、スピーカーででっかい音で音楽かけて、びっしょり汗かいて漕いでくれた働き者。汗くさいけど、イイネ!1軒目は閉まってたけど、2軒目はいいところ連れて行ってくれた!ありがとう〜〜!店からもしっかり紹介料取って頂戴。

店はあとから夫のガイドブックを見ると一押しのレストランだったことが判明。良心的な値段!
スプライトが2CUCで、絞り立てジュースが1.5CUC。安い〜。私たちの国では逆だよね(笑)。スプライトが$2だったら、絞り立ては$5だ。
Pinapple juice
Pudding
We are hungry
Fish
Shrimp Paladar Aché
この街は1泊しかしないんだけど、次の日も来たいかもと思うほどサービスも清潔さも味もよかったです。高くないし!これはランチディナーになってしまったので、この日は早めに消灯。

 

12月28日
シェンフエゴスは1泊だけ。この日1日観光して、夕方ハバナへバスで移動。
Great food and nice antique looking dishes Great food and nice antique looking dishes Is she a nurse?
朝食はシンプルだけど美味しくて量が半端じゃない!これで一人4CUCは安い。ベランダで食べたいと言ったら運んでくれました。ありがとう〜!ちなみに奥の飲み物はヨーグルトドリンクとグアバジュース(ピンクがイイネ!)。カラフルな食卓だ。食事の支度をしてくれた方はなぜかナースような服装。彼女はスペイン語しか話せないみたいで、つっこんでは聞けませんでした。襟元に花を挿している割にはタバコ吸っているし。キャラ的に面白いではないかい?
お皿もレトロでかわいい。キューバの人はモノを大切に使うね。モノが溢れた世界に住んでいる私たちは見習わなければ。

お腹いっぱいになったところで街へ散歩。
Streets in Cienfuegos Romantic Chaplin
この日もいい天気。格式高そうなシアターを見学したり、お土産物見たり、スーパーで商品の値段を見たり、商品がどこの国から来ているかとか見るのも面白い。
ここは共産国。食べ物も配給制。配給専用のスーパーがあり、商品がガランと売り切れてしまっているコーナーも。ときに行列があったり。
その月の配給チケットを使い切ってしまったら、あとは自分のお金で買わなければいけないようです。
共産主義ってことは、基本的に競争しないってことでしょ?人のニーズを考えてよい商品を開発しようとか、より良い仕事をしようとか、そういう向上心を育てるのが難しいシステム?お金持ちになれないから、海外旅行も行けない、カメラも買えない。贅沢な趣味は持てない、ということ。それもやっぱり寂しい。
良いところは、極端な貧乏人もいないお金持ちもいない、そして、基本的なヘルスケアと教育は政府が面倒見てくれる、というのは、いいシステムだなぁと思う(キューバは医者を輸出しているほど医者が多い!すごいね!)。
資本主義が良いものだと思い込んで来たけど、今のアメリカ状態を見ていると、極端な資本主義もだめだなーと思えるし、なにごともバランスなのかな。良いとこ取りのシステム構築は、人類の課題ですね〜。

Centro Recreativo la Punta昨日は馬車にヨットクラブに連れて行かれたけど、夫がまた同じ方向にきれいな場所があるから行きたいと言うので、また足を捕まえて行くことに。リキシャ(三輪自転車)がいたので声をかける。
あれ!昨日の帰りに走ってくれたお兄さん!今日もお願いします。交渉して出発!
今日のリキシャは昨日のと違ってスピーカーがない。その日にレンタルして仕事しているっぽい。
ちょっと海にせり出していて眺めのいいスポットまで走ってもらった。楽チンに乗っているだけの私たちは風が気持ちよい。お兄さん、到着のころまでには汗だく!すみませんね、ありがとう〜。
The same driver as yesteday! Got oil? No. God air for a tire!
帰りにガソリンスタンドに寄る。
えっ、なんで?
と思っていると、降りるように言われる。タイヤに空気を足し始めた。ほ〜〜、自転車系もここで空気が入れられるんだ。面白い。空気満タン、街へ帰る。

ずっと食べたかったフィッシュ・バーガーを見つける!やったー!街で見かけるバーガーやサンドイッチはチキンがビーフでしょ、、、ベジタブルだけっていうのもなかったから、食べるものなくて・・・。このフィッシュ・バーガーは2つで5CUC。買いだめしたかったくらい。
Lovely fish burger Delicious fish burger
包んでもらう。ハバナ行きのバスの中で食べるつもりが待ちきれず、バスターミナルで食べちゃった。思った通り美味しかった〜!

3時間かけてハバナへ。

Tagged with: ,

1 / 3123